新機能

 Reflection 2011 リリース 3 Service Pack 1 には、2 つの重要な新機能が含まれています。

  • TouchUx により、タッチスクリーン式のユーザエクスペリエンス用に Reflection を構成できます。Apple iOS、Android、または Windows 8 の「スキン」を選択できます (Reflection を iOS または Android デバイス上で実行するには、デバイスにインストールされた Citrix Receiver クライアントソフトウェアを使用し、Citrix XenAppサーバを介して Reflection にアクセスする必要があります)。
  • SmartUx により、従来のホストアプリケーションを最新のアプリケーション機能で最新化できます。開発者は、新しい一連のプログラミングインタフェースを利用して、従来の IBM ホストアプリケーションのフィールドを強調表示し、コントロール (ドロップダウンリスト、ボタン、日付ピッカーなど) を重ね合わせて、ユーザーの生産性を向上させることができます。

TouchUx (すべての種類のホストに使用可能)

TouchUx 機能により、タブレットおよびその他のモバイルデバイスでの端末セッションの使い勝手を向上させることができます。

  • 分割画面ウィンドウにより、リボンおよびブラウザインタフェースと同じメニューコマンドアクセスできます。
  • オンスクリーンキーボードにより、タブレットの標準オンスクリーンキーボードでは通常使用できない共通ホストキーにアクセスできます。また、このキーボードは、言語、さまざまなレベルの透過性、およびその他のプロパティを構成できます。
  • 開いているセッションのギャラリにより、セッションを切り替え、最近のセッションを素早く開くことができます。

他のタブレットアプリケーションと同様にタッチジェスチャによって操作できます (デバイスの一部のジェスチャには iPads または Android タブレットが対応していない場合があります)。

SmartUx (IBM 3270 および 5250 端末に使用可能)

SmartUx 機能により、ホストアプリケーションのユーザエクスペリエンスを使いやすく生産性の高いものに最新化できます。Reflection の VBA または .NET API により、次のことが可能になります。

  • 必要なフィールドを強調表示し、ツールチップをフィールドに追加して、アプリケーションの使いにくい部分を使いやすいものにする。
  • 旧式の番号の付いたオプションリストを最新式のドロップダウン選択リストに置き換える。
  • 手動の日付入力をグラフィカルなカレンダによる日付ピッカーに置き換える。
  • ホストアプリケーションのインタフェースにボタンを追加し、マクロの起動やその他の操作を実行できるようにボタンを設定する。