インタフェースの種類の選択 (リボン、ブラウザ、クラシック、または TouchUx)

以下の複数のユーザインタフェースモードから選択できます。

  • [リボン] では、Microsoft Windows 7 および Office 2010 のルックアンドフィールを共有します。
  • [ブラウザ] では、最新の Web ブラウザに似たルックアンドフィールを提供します。
  • [クラシック] は、従来の Attachmate Reflection および EXTRA! X-treme 端末エミュレーションアプリケーションと似ています。
  • [TouchUx] は、タッチスクリーン式のユーザエクスペリエンスを提供します

インタフェースの種類を選択するには

  1. [ワークスペースの設定] ダイアログボックスを開きます
  2. [ワークスペース設定の構成] をクリックします。
  3. [ユーザインタフェース][ユーザインタフェースモード] 一覧から、使用するインタフェースの種類を選択します。
  4. リボンまたは TouchUx インタフェースモードのルックアンドフィールを選択するには、[ルックアンドフィール/色] 一覧のオプションから選択します。
  5. ワークスペースを閉じてから再度開きます。