ユーザインタフェース

Reflection 2011 では、[リボン]、[ブラウザ]、[TouchUx]、[クラシック] の 4 種類のユーザインタフェースにセッションを表示できます。

インタフェースの種類を選択するには

リボン

[リボン] インタフェースでは、Microsoft Windows 7 および Office 2010 のルックアンドフィールを共有します。クイックアクセスツールバー (左上隅にあるツールバー) とドキュメントウィンドウの間にある領域がリボンです。リボンは、コマンド、ボタンなどのコントロールを各タスク領域用のタブに編成する、動的で折りたたみ可能なデバイスです。リボン内の任意のタブをダブルクリックすると、リボンの表示と非表示を切り替えられます。または、キーボードショートカットを割り当てて、キーストロークでリボンの表示と非表示を切り替えることもできます。既定の 3270 または 5250 キーボードの割り当てを使用するセッションでは、この操作がすでに [CTRL] + [F1] キーに割り当てられています。

[Reflection] ボタン

ブラウザ

[ブラウザ] インタフェースでは、最新の Web ブラウザに似たルックアンドフィールを提供します。Reflection メニューまたはクイックアクセスツールバーからコマンドにアクセスできます。[検索] ボックスでコマンドを検索して、検索結果をクリックしてもコマンドにアクセスできます。

[Reflection] ボタン

TouchUx

TouchUx インタフェースは、Reflection TouchUx ユーザエクスペリエンスを提供します。Reflection は、Citrix サーバ上で実行されているセッションにアクセスしている Microsoft Windows デバイスまたはその他のデバイス (Apple iPad または Android) 上で動作します。このモードには、透過的な重ね合わせや個別の画面への固定を設定できるオンスクリーン端末キーボードが含まれます。

クラシック

クラシックインタフェースオプションは、以前のバージョンの Reflection に似たインタフェースを提供します。このモードは、以前のバージョンからアップグレードする場合にのみ使用することをお勧めします。クラシック UI を使用する場合は、ワークスペースでドキュメントを 1 つだけ開くことができ、他の機能を使用できない場合があります。