[キーボードとマウス] タブ ([端末の設定] ダイアログボックス)

表示方法

[キーボードの機能]

 

[自動反復]

オンにすると、ほとんどがキーが押された時に反復します。[Shift] キー、[Return] キー、および [Ctrl] キーは、自動反復しません。

 

[ブレーク]

オンにすると、Break 機能が使用できるようになります。クリアすると、Break コマンドと VtF5 (Break) キー ([Ctrl] + [Break]) が使用できなくなります。

 

[ローカルエコー]

オンにすると、キーボードから入力された各文字が画面に即時表示されます。ホストコンピュータと通信中は、キーボードから入力した各文字がホストに送信されます。ほとんどのホストシステム (例えば、VMS 使用の VAX) は、同じ文字を即時に端末に返します (つまり、文字をエコーします)。文字は、ホストから返されるまで画面に表示されません。

オンラインでこのオプションをオンにすると、各文字は、直接ディスプレイメモリ (画面) とホストコンピュータの 2 箇所に送信されます。エコーを返すホストシステムでは、入力する各文字が 2 度画面に表示されることを意味します。一部のパブリックネットワークなど、入力文字をエコーしないホストシステムとの通信の場合にだけ、このオプションをオンにしてください。

[ベル]

 

[マージンベル]

オンにすると、カーソルが右マージンから 8 文字の位置に達するとベルが鳴ります。

 

[警告ベル]

オンにすると、ASCII のベルコード (Bel、10 進コードの 7) がホストから送られたりキーボードから入力された時にベルが鳴ります。

非保護フィールドなどで鳴るフォーマットベルを使用不可にするには、[警告ベル] オプションをオフにします。

[端末キー]

 

[VT [Backspace] キー]

[Backspace] キーを押して送信される機能を選択します。

[Backspace] キーは、[キーストロークと操作の割り当て] を使用して再割り当てすることもできます。それを実行しても、[VT [Backspace] キー] オプションに影響はありません。ただし、VtBackArrow 端末キーの割り当てを変更した時に影響がでます。

 

[カーソルキー]

このオプションは、補助キーパッドとエディタキーパッドの 4 つの矢印キーが送信する文字を設定します。この設定は通常、ホストによって設定され、セッションドキュメントには保存されません。

矢印キーが正しく機能しない場合は、ホストプログラムが異常終了した時にこのオプションが誤って [アプリケーション] に設定されたままになっていることが考えられます。この設定を [カーソル] に戻しても矢印キーに関する問題が解決しない場合は、[端末 ID] の設定値が、ホストが期待する端末の種類に一致していることを確認します。例えば、VT52 の設定では、その他の (ANSI) モードとは異なるカーソルキーコードが送信されます。

注意: この機能は、WYSE エミュレーションの場合、利用できません。

 

[補助キーパッド]

このオプションは、補助キーパッドの各キーが送信する文字を制御します。この設定は通常、ホストによって設定され、セッションドキュメントには保存されません。

数値キーまたは PF キーが正しく機能しない場合は、ホストプログラムが異常終了した時にこのオプションが誤って [アプリケーション] に設定されたままになっていることが考えられます。この設定を [テンキー] に戻しても問題が解決しない場合は、[モード] の値がホストの設定に一致していることを確認します。例えば、VT52 の設定では、その他の (ANSI) モードとは異なるキーパッドコードが送信されます。

注意: この機能は、WYSE エミュレーションの場合、利用できません。

キーボードショートカット

 

注意:[キーストロークと操作の割り当て] の設定は、これらのオプションを上書きします。

 

[ファイルと編集メニューの標準ショートカットを使用する]

オンにすると、次のキーボードショートカットが有効になります。

 

 

PC のキーストローク

端末の機能

 

 

[Ctrl] + [A]

すべてを選択

 

 

[Ctrl] + [C]

コピー

 

 

[Ctrl] + [F]

検索

 

 

[Ctrl] + [Shift] + [F]

次を検索

 

 

[Ctrl] + [O]

ファイルを開く

 

 

[Ctrl] + [P]

ファイルの印刷

 

 

[Ctrl] + [V]

貼り付け

 

 

[Ctrl] + [X]

切り取り

 

[[Hold Screen] キーのショートカット]

オンにすると、Reflection では、[Ctrl] + [Q] によってホストからのデータの処理が開始され、[Ctrl] + [S] によって停止します。

[Ctrl] + [S] および [Ctrl] + [Q] 文字列を使用する必要があるホストアプリケーション (EMACS など) を使用する場合は、[[Hold Screen] キーのショートカット] をオフにしてください。このオプションをオフにすると、[Ctrl] + [S] キーストロークによってホストに [Ctrl] + [S] 文字列 (ASCII 10進コードの 19) を送信し、[Ctrl] + [Q] キーストロークによってホストに[Ctrl] + [Q] 文字列 (ASCII 10進コードの 17) を送信することが可能になります。

マウスショートカット

 

[選択したテキストを常にクリップボードにコピーする]

マウスの左ボタンとドラッグ操作によって選択されたテキストが、マウスのボタンを放すとクリップボードにコピーされます。

 

[右クリックでクリップボードにテキストをコピーする]

マウスを右クリックすると、 Reflection 上のカーソルがある位置に、クリップボードのコンテンツが貼り付けられます。

注意: [マウスクリックと操作の割り当て] による設定値は、ここで示すオプションより優先されます。

 

[中クリックでクリップボードにテキストをコピーする]

マウスの中央ボタンをクリックすると、 Reflection 上のカーソルがある位置に、クリップボードのコンテンツが貼り付けられます。

注意: [マウスクリックと操作の割り当て] による設定値は、ここで示すオプションより優先されます。

 

[矩形の指定範囲]

マウスのドラッグした領域に含まれるテキストだけが選択されます。このオプションがオフ (非選択) の場合は、選択が行末で終了します。

関連項目

[端末の種類の選択] ダイアログボックス

カスタムのキーボード割り当ての指定

マウスボタンの割り当ての指定