[バックアップ接続オプションの設定] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスから 1 つ以上のバックアップ TN3270 接続の設定を指定できます。通常行う接続が失敗した場合、これらのバックアップ接続がリストされている順序で試されます。

[ホストのバックアップ]

 

[追加] ボタンをクリックしてホストをバックアップホスト一覧に追加します。[上に移動] および [下に移動] ボタンを使用して、ホストが試される順序を変更します。

[ホスト (またはシステム) 名か IP アドレス]

接続するホストを識別します。 ホスト名、別名、または数値 IP アドレスを入力します。

注意: IPv4 アドレス (127.0.0.1 の形式) と IPv6 アドレス (2001:0db8:3c4d:0015:0000:0000:abcd:ef12 の形式) の両方とも設定することができます。

[ポート]

セッションで使用するホストのポートまたはソケット番号を入力します。このフィールドには、0 から 66,535 までの数値を入力することができます (既定値 = 23)。

[デバイス名]

ホスト上の特定の LU または LU のプール (最大半角 32 文字) を指定します。デバイス名を入力しなかった場合、サーバは指定されたポートで利用可能ないずれかの LU に接続します。

[ホストの接続オプション]

 

複数のバックアップホストを入力すると、各ホストの接続オプションが別々のタブにリストされます。

[拡張 Telnet を使用する]

このオプションをオンにした場合、TN3270E プロトコルがサポートされていれば有効になります。

[テキスト表示]

[端末/デバイスの種類]

このセッションでエミュレートする端末モデルまたはデバイスの種類を指定します。

ドロップダウンボックスから値を選択するか、リストされていない値を入力することができます。それによって、暗黙的にサポートされていなくても使用できる富士通などの端末モデルを指定することができます。

通常は、この設定を既定値のままにしておきます。他の値を選択する場合は、必ずホストが受け付けることができる文字列を使用してください。そうでないと、ホストへの接続時またはホストへの接続完了後にエミュレーションで問題が生じる可能性があります。一般的に、このような問題は、ホストが指定された端末を認識するように構成されていない場合に発生します。成されていない場合に発生します。成されていない場合に発生します。

[モデル ID]

このセッションでエミュレートする端末モデルまたはデバイスの種類を指定します。

[端末/デバイスの種類] で指定されている文字列が &M を含む場合、文字列がホストに送信されたとき &M は、このリストからモデル番号に置換されます。たとえば、IBM-3279-&M が指定されており、モデル 3 がここで選択されている場合、ホストに送信される文字列は、IBM-3279-3 です。

拡張モデルを選択すると、ホストでより多くの色数 (4 色の代わりに 7 色) と表示属性を指定できます。どのモデルでも、ゲートウェイまたはメインフレームが使用する端末モデルを決定できます。

各モデルは特定のサイズ (例、24行X80桁) の端末ウィンドウ画面に関連付けられます。異なる行数または桁数を指定するには、[<カスタム拡張モデル>] を選択します。[端末モデル] を [<カスタム拡張モデル>] に設定すると、[端末/デバイスの種類] が [IBM-DYNAMIC] に変わります。

既定値は [モデル2 24x80 拡張] です。

[行数]

端末ウィンドウ画面で使用する行数。有効な範囲は、24 ~ 255 です。

ホストアプリケーションが特定の画面サイズを指定する場合、この値は無視される場合があります。

[桁数]

端末ウィンドウ画面で使用する桁数。有効な範囲は、80 ~ 255 です。

ホストアプリケーションが特定の画面サイズを指定する場合、この値は無視される場合があります。

[グラフィック表示]

[グラフィックを表示する]

このオプションをオンにした場合、このセッションでグラフィック端末をエミュレートできるようになります。

それにより、SAS や ImageView など IBM Graphics Data Display Manager (GDDM) ライブラリを使用するホストアプリケーションを実行できます。

[モデル ID]

[グラフィックを表示する] を選択した場合に、このセッションによってエミュレートするグラフィック端末の種類を指定します。

[セキュリティ]

[セキュリティの設定]

SOCKS または SSL/TLS を使用してデータ通信のセキュリティを保護します。

関連項目

[接続設定の構成] ダイアログボックス (3270)

[接続詳細設定の構成] ダイアログボックス

[端末設定の構成] ダイアログボックス (3270)

[端末属性の構成] ダイアログボックス