アクセス許可マネージャのアイテム:機能

多くの場合、機能には複数の方法でアクセスできます。例えば、クリップボードの設定機能 (clipboardSettingsAction) へのアクセスを制限できます。ただし、ユーザがドキュメントの設定機能 (settingsAction) にアクセスできる場合、クリップボードの設定にアクセスできます。

 

アイテム名

UI の説明

 

appointmentAction

選択したホストデータをメッセージフィールドに含む、Outlook 予定を作成します。

 

backHistoryAction

前のホスト画面を読取専用モードで表示します。

 

clearAllAction

ディスプレイメモリから (画面上のテキストを含む) すべてのテキストを削除します。

 

clearDisplayAction

画面からすべてのテキストを削除します。既定では、削除したテキストは Reflection によりディスプレイメモリに保存されます。

 

clearSelectionAction

任意の場所をクリックすると選択内容をクリアします。

 

clipboardSettingsAction

[クリップボードの設定] ダイアログボックスを開いて、切り取り、コピー、貼り付けの機能を制御するための設定を構成します。

 

closeAction

現在のドキュメントを閉じます。

 

codePageSettingsAction

[ホストのコードページの選択] ダイアログボックスを開いて、端末セッションのホストのコードページを指定します。

 

connectAction

現在のセッションドキュメントのホストに接続します。

 

connectDisconnectAction

現在のセッションドキュメントのホストに接続し、再度実行すると切断します。

 

contactAction

選択したホストデータをメモフィールドに含む、新しい Outlook の連絡先を作成します。

 

contextMenuEditorAction

[コンテキストメニューエディタ] を開きます。

 

copyAction

選択したテキストをクリップボードにコピーします。

 

copyAppendAction

選択したテキストをクリップボードに追加します。

 

cutAction

選択したテキストを切り取り、それをクリップボードにコピーします。

 

cutAppendAction

選択したテキストを切り取り、それをクリップボードに追加します。

 

disconnectAction

現在のセッションドキュメントのホストから切断します。

 

emailMessageAction

選択したホストデータを含む、Outlook 電子メールメッセージを作成します。

 

exitAction

アプリケーションを終了します。

 

fileTransferAction

[転送] ダイアログボックスを開きます。

 

forwardHistoryAction

画面履歴シーケンス内の次のホスト画面を表示します。

 

ftpFileTransferAction

Reflection FTP クライアントを開きます。

 

fullScreenViewAction

リボンを非表示にし、ワークスペースをコンピュータの画面いっぱいに拡大します。

 

globalSettingsAction

Reflection のワークスペースの構成設定を開きます。

ワークスペース構成設定は、Reflection 内で開かれたすべての端末セッションおよび Web ページドキュメントに適用されます。ワークスペース構成設定には、セキュリティ、ファイルの場所などの、Reflection に関係する設定が含まれています。

 

helpAction

メインワークスペースの [ヘルプ] ボタンからヘルプを開きます。

 

hostConnectionSettingsAction

現在のセッションドキュメントのホスト接続を構成します。

 

hotspotsSettingsAction

[ホットスポットの表示オプションの設定] ダイアログボックスを開きます。

 

keyboardExtendSelection

画面上の選択をキーボードを使って広げます。

 

keyboardMapperAction

キーボードの割り当てを表示します。

 

launchApplicationAction

カスタム設定した UI 要素を使用して、Reflection ワークスペースから外部アプリケーションを起動します。

 

launchSupportWebsiteAction

[ヘルプ] メニューから Attachmate サポートサイトを開きます。

 

launchVbaAction

Visual Basic エディタを開き、アクティブセッションで定義されたオブジェクトをベースに VBA マクロを作成します。

 

layoutCascadeAction

すべての開いているドキュメントウィンドウを重ねて整列します。各ウィンドウのタイトルバーが見えるように表示されます。

 

layoutHorizontalAction

すべての開いているドキュメントウィンドウを上下方向に整列します。

 

layoutSettingsAction

[レイアウトの設定] ダイアログボックスを開きます。

 

layoutVerticalAction

すべての開いているドキュメントウィンドウを左右方向に整列します。

 

lightPenAction

マウスまたはキーボードを使用して、ライトペンの選択のデモを行います。

 

macroSecurityAction

マクロを予期しない変更から保護するためのマクロセキュリティオプションを設定します。

 

mainframeTransferChunkAction

[転送の設定] ダイアログボックスを開きます。

 

manualCaptureAction

現在の画面を手動でキャプチャします。

 

mapKeystrokeAction

[キーストロークと操作の割り当て] を開いて、PC のキーボードをホスト端末キーに関連付けるか、キーボードショートカットを作成します。

 

modelSettingsAction

基本のホスト接続設定ページを開き、エミュレートしたい端末モデルを指定します。

 

moveCursorAction

マウスクリックでカーソルを移動します。

 

moveHostCursorAction

正しい矢印キーをホストに送信することでカーソルを移動するため、カーソルは矢印キーの現在の位置に対応して移動されます。

 

newDocumentAction

ワークスペースメニューまたはクイックアクセスツールバーから任意の種類のドキュメントを新規作成します。

 

nextWindowAction

次のドキュメントまたはタスク画面をアクティブにします。

 

noteAction

選択したホストデータを含む、Outlook 付箋を作成します。

 

officeToolsPaneAction

[オフィスツール] タスク画面を開きます。

 

openAction

ワークスペースメニューまたはクイックアクセスツールバーから任意の種類のドキュメントを開きます。

 

openURLAction

Reflection 内から Web ページを開きます。

 

pageSetupAction

[ページの設定] ダイアログボックスを開きます。

 

pasteAction

データをクリップボードから現在のカーソル位置に貼り付けます。

 

pasteNextAction

ホストアプリケーション内の、次を貼り付けバッファ内にある残りのテキストを挿入します。

 

pauseMacroAction

収録マクロを停止します。

 

playBackTraceAction

再生するトレースファイルを選択します。

 

playNextTraceRecordAction

現在のトレースファイルの次のレコードを再生します。

 

playPreviousTraceRecordAction

現在のトレースファイルの前のレコードを再生します。

 

printAction

ワークスペースメニューまたはクイックアクセスツールバーから現在のドキュメントを印刷します。

 

printSetupAction

[印刷の設定] ダイアログボックスを開きます。

 

processRUOTraceAction

トレースファイルを処理して、Reflection Basic スクリプトファイルを生成するか、またはシステムの詳細をテキスト形式のレポートに追加します。

 

quickKeysAction

PA キー、PF キー、および他のコマンドをホストに送信するボタンのギャラリを開きます。

 

quickPrintAction

[印刷] ダイアログボックスを開かずに現在のドキュメントを印刷します。

 

recentTypingPaneAction

[最近の入力履歴] タスク画面を開きます。

 

recordMacroAction

マクロを収録します。

 

runEBEditAction

EXTRA! Basic エディタを実行します。

 

runHostExplorerMacro

Hummingbird Basic コマンドを含むマクロを実行します。

 

runLegacyExtraMacroAction

マクロを含む EXTRA! ファイルを開き、実行する 1 つを選択します。

 

runLegacyMacroAction

以前の埋め込み Reflection マクロを実行します。

 

runLegacyMacroWithDataAction

以前の埋め込み Reflection マクロを、データを使用して実行します (これによりユーザはマクロで実行するパラメータを入力できます)。

 

runLegacyRBEditAction

Reflection Basic エディタを実行します。

 

runLegacyRBMacroAction

以前の Reflection Basic マクロを実行します。

 

runLegacyReflectionMacroAction

以前の外部 Reflection マクロを実行します。

 

runMacroAction

Reflection ワークスペースマクロを実行します。

 

runPCommMacroAction

マクロが含まれる IBM Personal Communications ファイルを開きます。

 

RunQWSMacroAction

マクロが含まれる QWS3270 ファイルを開きます。

 

runRCLScriptAction

RCL スクリプトを実行します。

 

runRumbaMacroAction

マクロを含む RUMBA ファイルを開き、実行する 1 つを選択します。

 

runSupportToolAction

Attachmate サポートによる Reflection アプリケーションデータの収集に役立つユーティリティを実行します。

 

saveAction

ワークスペースメニューまたはクイックアクセスツールバーから現在のドキュメントを保存します。

 

saveAsAction

現在のドキュメントを別の名前または場所で保存します。

 

saveLayoutAction

現在のレイアウトを保存します。

 

saveRSFTAction

現在のドキュメントの構成をテンプレートとして保存します。

 

scratchPadPaneAction

[スクラッチパッド] タスク画面を開きます。

 

screenHistoryPaneAction

[画面履歴] タスク画面を開きます。

 

selectAllAction

画面上のすべてのデータを選択します。

 

sendHostKeyAction

ホストに構成済みのキーを送信します。

 

sendHostTextAction

ホストに一部の構成済みのテキストを送信します。

 

sendWordAction

現在のカーソル位置の単語と、その後に続けて [Return] キー (VT) または [Enter] キー (3270/5250) をホストに送信します。これは、通常マウスボタンに割り当てられます。

 

settingsAction

ワークスペースメニューまたはクイックアクセスツールバーからドキュメント設定を開きます。

 

setupLoggingAction

[記録の設定] ダイアログボックスを開きます。

 

showAPIGuideAction

.NET API ガイドを開きます。

 

showAPIHelpAction

.NET API ヘルプを開きます。

 

showAutoCompleteSettingsAction

[オートコンプリートの構成] ダイアログボックスを開きます。

 

showAutoExpandAction

[自動拡張の構成] ダイアログボックスを開きます。

 

showContextMenuAction

コンテキストメニューを開きます。これは、マウスの右ボタンの既定の操作です。

 

showHelpAboutAction

[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] ダイアログを表示します。

 

showLiveScreenAction

画面履歴シーケンスの任意の場所から、セッションの現在のホスト画面に戻ります。

 

showMouseMapperAction

[マウスクリックと操作の割り当て] を開きます。

 

showPrivacyFilterAction

[プライバシフィルタの設定] ダイアログボックスを開きます。

 

showProductivitySettingsAction

[既定の生産性の構成] ダイアログボックスを開きます。

 

showRecentTypingSettingsAction

[最近の入力履歴の構成] ダイアログボックスを開きます。

 

showScreenHistorySettingAction

[画面履歴の構成] ダイアログボックスを開きます。

 

showSpecificContextMenuAction

機能の実行時にコンテキストメニューを開くことを指定します。

 

showSpellCheckAction

[スペルチェックの構成] ダイアログボックスを開きます。

 

showUIDesignerAction

UI デザイナを開いて、リボンをカスタマイズします。

 

showVBAGuideAction

VBA ガイドを開きます。

 

showVBAHelpAction

VBA ヘルプを開きます。

 

spellCheckFieldAction

現在アクティブなホストフィールドのスペルをチェックします。

 

spellCheckScreenAction

現在のホスト画面のスペルをチェックします。

 

startLoggingAction

VT セッションの記録をオンにします

 

startTraceAction

新規トレースを作成し、トレース処理を開始します。

 

stopLoggingAction

VT セッションの記録をオフにします。

 

stopMacroAction

現在実行中のマクロを終了します。

 

stopTraceAction

現在アクティブなトレースを終了します。

 

taskAction

選択したホストデータをタスクの本文フィールドに含む、予定が定義されていない Outlook タスクを作成します。

 

terminalAppearanceSettingsAction

[端末設定の構成] ダイアログボックスを開きます。

 

themeSettingsAction

[テーマの管理] ダイアログボックスを開きます。

 

toggleMacroRecordAction

操作を VBA マクロに収録します。

 

togglePauseMacroAction

マクロ収録処理を停止します。

 

toggleRibbonStateAction

リボンが非表示になり、再度実行するとリボンが表示されます。

 

vbaMacroDialogAction

[マクロの実行] ダイアログボックスを開いて、実行するマクロを選択します。

 

wordDocumentAction

選択したホストデータを含む、Word ドキュメントを作成します。