システム要件

Attachmate Reflection 2011 の具体的なシステム要件は、使用するハードウェアおよびほかのソフトウェアの組み合わせによって異なります。

注意: Attachmate は他社の製品に関連する性能、その他のいかなる問題に対しても責任を負いません。Attachmate 以外の製品の機能に関する質問は、該当製品の製造元にお問い合わせください。

プロセッサ

2 GHz、32 ビットまたは 64 ビット (1.5 GHz 以上のマルチコア、32 ビットまたは 64 ビット推奨)

システムメモリ (RAM)

1 GB (2 GB 推奨)

推奨オペレーティングシステムとプラットホーム

次のいずれか。

  • Microsoft Windows 7 Enterprise 32 ビットと 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Ultimate 32 ビットと 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Enterprise SP1 32 ビットと 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Ultimate SP1 32 ビットと 64 ビット
  • Windows Terminal Server がインストールされている Microsoft Windows Server 2003 R2 (マルチユーザ環境用) 32 ビットと 64 ビット
  • Windows Terminal Server がインストールされている Microsoft Windows Server 2008 R1 または R2 (マルチユーザ環境用) 32 ビットと 64 ビット (R1)(64 ビットは R2 のみ)

    注意:仮想環境およびその他のサポートされているプラットフォームでの Reflection の配布に関する情報については、「技術ノート 2511: Reflection 2011 Supported Platforms」 (英語のみ) を参照してください。

その他のソフトウェア要件

Reflectionの Office 統合機能を使用するには、Microsoft Office 2003 以降がインストールされている必要があります。

関連項目

ワークステーションへの Reflection のインストール

機能および言語の選択

以前のバージョンからのアップグレード

必須ソフトウェア