[レジストリデータの追加]

これらの設定にアクセスするには、Attachmate カスタム設定ツールで [セットアップカスタム設定ファイルを新規作成する] オプションをオンにします。

[インストール時にユーザのコンピュータに追加するレジストリデータを指定してください。]

インストール処理中に追加または変更するレジストリキーとその値を指定します。レジストリ値を変更することで、アプリケーションの動作方法を変更することができます (例えば、特定の Attachmate アプリケーションでは、終了時に設定を保存しないように指定する値を追加できます)。

注意:

  • Windows レジストリデータベースには、コンピュータの動作方法を決定する階層構造のキーセットが格納されます。これらのキーは、特定の機能を実行するのに必要なデータまたはバイナリコードを含む値を保持しています。
  • 警告:レジストリキーは、変更が及ぼす影響を理解していないかぎり、変更しないでください。レジストリを不適切に変更すると、ユーザのワークステーションに深刻な問題を引き起こすことがあります。

[追加]

[レジストリデータの追加と変更] ダイアログボックスを開き、レジストリキーを追加します。

[変更]

[レジストリデータの追加と変更] ダイアログボックスを開き、選択したキーのレジストリデータを変更します。

[削除]

選択したキーを削除します。