[経路フィルタ] ダイアログボックス

表示方法

SOCKS または HTTP 構成として、接続要求に対する宛先経路フィルタを指定します。

注意:宛先経路一覧の最終エントリの宛先アドレスおよびポートは変更できません。ただし、そのエントリの SOCKS または HTTP プロキシ情報は変更できます。

 

[宛先アドレス]

関連プロキシサーバによって制御される宛先のホスト名または IP アドレスを指定します (IP アドレスのアスタリスクはワイルドカード文字を表します)。

 

[ポート]

宛先アドレスに関連するポートを指定します。

 

[SOCKS (または HTTP) プロキシを使用しない]

このチェックボックスがオンの場合、その宛先経路に一致する接続要求はプロキシサーバ (宛先) を回避します。

 

[SOCKS (HTTP) プロキシ]

プロキシサーバのアドレスポート、およびユーザ ID を指定します。[SOCKS (または HTTP) プロキシを使用しない] がオフの場合のみ、これらの設定を使用できます。