Reflection とトランスフォームの配布

Reflection のインストール方法をカスタマイズするためにトランスフォームを作成した場合は、主要インストールとともにトランスフォームを配布する必要があります。トランスフォームは、setup.exe で起動するあらゆるインストールまたはコマンドラインインストール (配布ツールの多くで使用されている) とともに使用することができます。インストーラがトランスフォームを適用できるのは、インストール実行時だけです。

注意:コマンド ラインから Setup.exe を実行すると、正しい言語トランスフォームが自動的に使用され、必要な前提条件が適用されます (例えば、Microsoft .NET Framework のインストールや、古いバージョンの EXTRA! または Reflection のアンインストール)。

setup.exe で始まるインストールにトランスフォームを追加するには

  1. Reflection をインストールしたワークステーションで、デスクトップショートカットから Attachmate カスタム設定ツールを開きます。または、次のようにコマンドラインから開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2.  [カスタム設定の選択] ダイアログボックスで、[既存のセットアップカスタム設定ファイルまたはコンパニオンインストーラを開く] を選択し、[OK] をクリックします。
  3. [開く] ダイアログボックスで、トランスフォームファイルを作成した時に選択した場所を参照し、トランスフォーム (.mst) ファイルを選択します。
  4. [ユーザインタフェース] パネルから、[このカスタム設定を、setup.exe を使用した対話型インストールに使用する] を選択します。

    このオプションを選択してトランスフォームを保存すると、Attachmate カスタム設定ツールは、Reflection インストールにトランスフォームを適用するために、SETUP.INI ファイルの [Setup] セクションに次の行を追加して、SETUP.INI ファイルを自動的に更新します。

    CustomTransform=<ご使用のトランスフォーム.mst>

  5. [ファイル] - [上書き保存] コマンドをクリックします([上書き保存] が淡色表示される場合は、[終了] をクリックすると、ファイルを保存するように要求されます)。

    これで、Setup.exe ファイルで、トランスフォームをエンドユーザに配布できます(ユーザは、Setup.exe を実行したり、スクリプトから Setup.exe ファイルを呼び出したり、コマンドラインから起動したりすることができます)。

setup.exe のコマンドラインインストールにトランスフォームを追加するには

  • 別の方法として、コマンドラインインストールにトランスフォームを追加できます。次のコマンドライン構文を使用します。

    <設定用パス>\setup.exe /install TRANSFORMS=transform.mst

    注意:コマンド ラインから Setup.exe を実行すると、正しい言語トランスフォームが自動的に使用され、必要な前提条件が適用されます (例えば、Microsoft .NET Framework のインストールや、古いバージョンの EXTRA! または Reflection のアンインストール)。

Reflection とトランスフォームを MSI で直接配布するには

  • コマンドプロンプトで、次のように入力します。

    msiexec /i path_to_administrative_installation_point\yourVersion.msi TRANSFORMS= yourCustomInstall.mst

    ここで、yourVersion.msi はダウンロードした Reflection MSI の特定のバージョン (SE11R1c.msi など) です。