アプリケーションプログラミングインタフェース (API) のインストール

Reflection のインストール時に Reflection .NET アプリケーションプログラミングインタフェース (API) をインストールすることを選択できます。

これにより、API クラスライブラリのアセンブリファイル、ヘルプリファレンス、およびサンプルプログラムとチュートリアルを含むガイドがインストールされます。ヘルプを表示するには、Reflection の [ヘルプ] メニュー、または Visual Studio のヘルプを使用します。

注意:

  • API クラスライブラリのアセンブリファイルが確実に Microsoft Visual Studio と統合されるようにするために、Reflection .NET API をインストールする前に Visual Studio がインストールされていることを確認してください。
  • .NET アプリケーションプログラミングインタフェース (API) は、Reflection .NET API を使用するプログラムをローカルで開発する場合にのみ必要です。この API を使用するカスタムプログラムを実行するために、この API をインストールする必要はありません。このようなカスタムプログラムは、ワークスペースで API が無効に設定されていないかぎり、Reflection をインストールすれば実行できます。([API とマクロのセキュリティの設定] を参照してください。)

Reflection とともに API をインストールするには

  1. Reflection インストーラを実行します。
  2. [機能の選択] タブで、[Reflection ワークスペース] を展開し、さらに [エミュレーション] を展開します。
  3. [アプリケーションプログラミングインタフェース] の左側にある下矢印をクリックして、以下を選択します。

    インストール: 選択した機能 [機能をローカルのハードディスクドライブにインストールする]

  4. [続行] をクリックして、インストールを完了します。

API には、.NET API クラスアセンブリファイルおよびヘルプが含まれます。

クラスアセンブリファイル

.NET API クラスアセンブリファイルは、Programmer Interface フォルダにインストールされ、次回アプリケーションを起動した時に Visual Studio の [参照] ボックスに表示されます(インストールには、Intellisense との互換性を実現するために、アセンブリファイルごとに XML ファイルが含まれます)。

クラスアセンブリファイルには、次が含まれます。

  • Attachmate.Reflection.dll
  • Attachmate.Reflection.Emulation.IbmHosts.dll
  • Attachmate.Reflection.Framework.dll
  • Attachmate.ReflectionEmulation.OpenSystem.dll
  • Attachmate.Reflection.UserControl.IbmHosts.dll
  • Attachmate.Reflection.UserControl.OpenSystems.dll
  • Attachmate.Reflection.UserControl.OpenSystemsGraphics.dll
  • Attachmate.Reflection.UserControl.Wpf.IbmHosts.dll
  • Attachmate.Reflection.UserControl.Wpf.OpenSystems.dll
  • Attachmate.Reflection.UserControl.Wpf.OpenSystemsGraphics.dll

ヘルプファイル

Reflection オブジェクトで使用するメソッド、クラス、およびプロパティについての説明および構文を記載したプログラマガイドおよびリファレンスドキュメントなどのマニュアルがあります。

ヘルプドキュメント

説明

ヘルプの表示方法...

.NET API ヘルプ

Reflection メソッド、クラス、およびプロパティのリファレンス。

Reflection で、[ヘルプ] - [.NET API ヘルプ] コマンドを選択します。

または

Visual Studio のヘルプを開きます。

.NET API ガイド

設定情報、チュートリアル、およびサンプルコードを含むプログラマガイド。

Reflection で、[ヘルプ] - [.NET API ガイド] コマンドを選択します。