目次/索引/検索の表示

VT のよく使うキー

VT 端末セッションでは、リボンからよく使うキーのギャラリにアクセスできます。ギャラリから使用できるキーのセットは、セッションがエミュレートしている端末の種類によって異なります。VT 端末の標準的なキーは、次のとおりです。

[PF キー]

[PF1] - [PF4]

PF キーをホストに送信します。

[VT の特殊キー]

[F1] - [F20]

VT 特殊キーをホストに送信します。

[キーの編集]

VT キーボードには、Reflection がシミュレートする 6 つの編集キーブロックがあります。

[Find]

 

[Insert]

 

[Remove]

 

[Select]

 

[Previous]

 

[Next]

 

[リセット]

[通信をクリア]

このコマンドは、次の操作を行います。

  • 印刷処理を取り消す。
  • エスケープシーケンス、制御シーケンス、デバイス制御文字列を取り消す。
  • 記録をオフにする。
  • バッファの送受信をクリアする。
  • XOFF (DC3) 信号をリセットする。

    どの種類の通信にも、XON (DC1) 信号がホストに送信されます。

    このコマンドを使用すると、ホスト通信が「止まって」しまうような問題を解決できることがよくあります。[通信をクリア] を使用しても、ホストコンピュータからの通信は切断されません。

[端末をクリア]

「ソフトリセット」とも呼ばれます。このコマンドは、次の操作を行います。

  • ビープ音を鳴らす。
  • メインディスプレイを使用中ディスプレイとして設定する。
  • 保留中のすべての自動改行を取り消す。
  • 文字セットをその既定値に設定する。
  • 挿入モード/置換モードを置換モードに設定する。
  • キーボードがロックされていた場合、ロックを解除する。
  • カーソルキーを「標準」に設定し、テンキーを「数値」に設定する。
  • 始点を絶対値に設定する。
  • カーソルを画面上のホーム位置に移動する。
  • 表示様式と部分消去を「標準」に設定する。
  • テキストカーソルモードをオンにする。
  • 上余白を 1 に、下余白を 24 に設定する。
  • UPSS を、最後に保存した値に設定する。
  • シリアル接続の通信ポートを、最後に実行した値に初期化し、受信バッファをクリアする。

[設定ファイル内容を復元]

このコマンドは「ハードリセット」とも呼ばれ、接続中の端末の設定を、最後に保存した設定に戻します。ファイル転送設定、ユーザ設定、プリンタ設定など、Reflection 固有の設定はリセットされません。

このほか、このコマンドは次の操作を行います。

  • 保留中の待機方式を取り消す。
  • 表示をクリアし、カーソルを左上隅に配置する。
  • 表示様式選択 (SGR) 機能を「標準」に設定する。
  • 部分消去属性 (DECSCA) を「消去可能」に設定する。
  • ユーザ定義キー (DECUDK) をクリアする。
  • 既定の文字セットを選択する。GL では ASCII。GR ではユーザ定義補助文字セット。

[Enter]

Enter キーをホストに送信します。