目次/索引/検索の表示

スペルエラーの検索と修正

既定では、入力時にスペルチェックが動作し、エラーの可能性がある単語に波形の下線が引かれます。内容の入力が終わってから修正を行う場合、または波形の下線が気になって集中できないという場合は、非表示にできます。

注意: この機能は、VT セッションでは使用できません。

入力時にスペルの修正を表示/非表示にするには

  1. [スペルチェックの構成] ダイアログボックスを以下の方法で開きます。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Reflection リボン

    [ツール] リボンの [ツール] グループから [スペルチェック] をクリックします。

    [Reflection] ボタン

    Reflection ブラウザ

    [検索] ボックスで、「S」と入力して、[操作] から スペルチェック[スペルチェックの設定] を選択します。

  2. [スペルチェックの構成] ページで、[入力時にスペルをチェックする] をオンまたはオフにします。

入力時にスペルを修正するには

  1. [スペルチェックの構成] ダイアログボックスを以下の方法で開きます。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Reflection リボン

    [ツール] リボンの [ツール] グループから [スペルチェック] をクリックします。

    [Reflection] ボタン

    Reflection ブラウザ

    [検索] ボックスで、「S」と入力して、[操作] から スペルチェック[スペルチェックの設定] を選択します。

  2. [スペルチェックの構成] ページで、[入力時にスペルを自動修正する] をオンにします。

    一般的にスペルミスしやすい単語は、入力中にプロンプトが表示されたり、通知が行われることなく修正されます。

    注意: この機能は、英語でのみ使用できます。

エラーを修正するには

  1. 波形の下線が引かれている単語を右クリックして、代替のスペルまたは修正候補を選択します。
  2. 目的のスペルが候補一覧にない場合、または候補が表示されない場合は、正しいスペルを手動で入力します。

    また、その項目を後で使用できるように、スペルチェック用ユーザ辞書に追加することができます。詳細については、スペルチェック用ユーザ辞書の作成を参照してください。

    注意:候補が表示されない場合、使用可能な候補がないか、使用可能な候補が長すぎるためフィールド内のスペースに収まっていない可能性があります。

以下の手順に従って、入力したテキストだけでなく、画面全体でスペルをチェックしてください。

画面全体でスペルをチェックするには

  1. 以下のように、エラー候補をチェックします。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Reflection リボン

    [セッション] リボンの [生産性] グループから [スペルチェック] をクリックします。

    [Reflection] ボタン

    [Reflection] ブラウザ

    [検索] ボックスで、「C」と入力して、[操作] から スペルチェック[スペルチェック] を選択します。

    エラーの可能性があるスペルには、波形の下線が表示されます。

    注意:[入力時にスペルをチェックする] チェックボックスをオフにしている場合、[スペルチェック] は無効になります。

  2. 波形の下線が引かれている単語を右クリックして、代替のスペルまたは修正候補を選択します。

関連項目

[スペルチェックの構成] ダイアログボックス

スペルチェック用ユーザ辞書の作成

[既定の生産性の構成] ダイアログボックス