目次/索引/検索の表示
シリアルデバイスとホスト間の通信の自動的な有効化

シリアルポート上の双方向デバイス (プリンタやバーコードリーダなど) が Reflection を介して情報をホストに送信できるようにする場合、シリアルデバイスとホスト間の通信を有効化できます。たいていのホストは、シリアルデバイスとホスト間の通信を自動的に開始します (Csi?9i 制御関数を使用)。

シリアルデバイスとホスト間の通信を自動的に有効化するには

  1. VT 端末セッションを開きます。
  2. 次の方法で、[記録の設定] ダイアログボックスを開きます。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Reflection リボン

    [ツール] リボンで、[記録の設定] グループから [記録の設定] - [設定] 起動ボタンをクリックします。 起動ボタンイメージ

    [Reflection] ボタン

    Reflection ブラウザ

    [検索] ボックスで、「L」と入力して、[操作] から Logging[記録の設定] を選択します。

  3. [出力先][シリアルデバイス] を選択して [構成] をクリックします。

    [シリアルデバイスポートの構成] ダイアログボックスが表示されます。

  4. [ポート] 一覧からシリアルデバイスが接続されているポートを選択します。

    必要に応じて、デバイスへのシリアル接続の他の設定を変更します。

    [端末の設定] の [詳細設定] ダイアログボックスの [構成] ボタンと、[記録の設定] ダイアログボックスの [構成] は、同じ機能を提供します。どちらのダイアログボックスのボタンを使用しても、シリアルデバイスポートを構成できます。

  5. [OK] をクリックします。
  6. ホストアプリケーションがデータをシリアルデバイスに送信する必要がある場合は、[記録の設定] ダイアログボックスで [プリンタ] チェックボックスをオフにします(データがシリアルデバイスからホストにのみ流れる場合、この手順を省略できます)。
  7. [OK] をクリックします。

関連項目

ホストとシリアルデバイス間の通信の手動による有効化

[シリアルデバイスポートの構成] ダイアログボックス

[記録の設定] ダイアログボックス

記録をとる方法