目次/索引/検索の表示

インストールの追加 (連結) とプログラムの実行

Reflection では、連結インストールが簡単にできます。主要インストールの前後に、自動的にコンパニオンインストールパッケージを実行するようにインストールを設定することができます。また、ほかのスクリプトやプログラムを実行するように指定することもできます。

注意:このインストールを「変更」する方法は、Setup.exe によって実行されるインストールにのみ適用されます。MSI コマンドラインの方法によるインストールには適用されません。

インストールまたはプログラムを連結するには

  1. Reflection をインストールしたワークステーションで、デスクトップショートカットから Attachmate カスタム設定ツールを開きます。または、次のようにコマンドラインから開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2. [以下の製品のセットアップカスタム設定ファイルを新規作成する] を選択し、[OK] をクリックします。
  3. Attachmate カスタム設定ツールのナビゲーション画面で、[ユーザインタフェース] を選択し、[このカスタム設定を、setup.exe を使用した対話型インストールに使用する] をオンにします。
  4. Reflection カスタム設定ツール のナビゲーション画面で、[インストールの追加とプログラムの実行] を選択します。
  5. [追加] をクリックします。

    [プログラムエントリの追加と変更] ダイアログボックスが開きます。

  6. [ターゲット] リストで、プログラムの .exe ファイルまたは .msi ファイルのあるフォルダを入力または選択し、次に実行するファイル名を入力します。

    例 msiexec.exe

  7. [引数] の下に、実行するコマンドライン引数を入力します。

    例 /i my_installation.msi

  8. プログラムを実行する時期を指定するには、[このプログラムをベース製品のインストール後に実行する] または [このプログラムをベース製品のインストール前に実行する] のいずれかを選択します。

    注意:ほとんどの場合、[このプログラムをベース製品のインストール後に実行する] を選びます。[このプログラムをベース製品のインストール前に実行する] を選んで、このプログラムが失敗した場合、Reflection はインストールされません。

  9. ほかのプログラムや MSI ファイルを追加するには、上記の手順を繰り返します。
  10. 実行順序を変更するには、[移動] (画面の左下部分) の隣にある矢印を使います。プログラムをリストから削除するには、選択して [削除] をクリックします。

関連項目

トランスフォームの作成と編集