目次/索引/検索の表示

設定プロパティの変更

既存の Reflection 設定プロパティを変更するか、自分のプロパティを追加してインストールできます。インストーラプロパティには、例えば ARPHELPLINK などがあります。このプロパティを使用して、[プログラムと機能] (または Windows XP の [プログラムの追加と削除] 一覧) でサポートリンクが使用する URL を設定します。

警告:インストールを変更することによってどのような影響があるかを完全に理解するまでは、既存のプロパティを上書きしないでください。プロパティに誤った値を設定すると、インストールできなくなることがあります。

Attachmate インストーラ固有の公開プロパティ (名前が大文字のプロパティ) を変更しないでください。これらのプロパティを変更すると、インストールや、インストーラの今後の更新に影響する場合があります。Windows インストーラのマニュアルに記載されている「公開」プロパティのみを変更または追加してください。

インストールプロパティを変更するには

  1. Reflection をインストールしたワークステーションで、デスクトップショートカットから Attachmate カスタム設定ツールを開きます。または、次のようにコマンドラインから開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2. [カスタム設定の選択] ダイアログボックスで、実行するタスクに最も適したオプションを選択します。
  3. Reflection カスタム設定ツールのナビゲーション画面で、[設定プロパティの変更] を選択します。
  4. プロパティを追加するには、[追加] をクリックします。[名前] ボックスの [プロパティ値の追加と変更] ダイアログボックスにプロパティ名を入力します。[値] ボックスにプロパティ属性を入力します。

    注意:Reflection アプリケーションの中には、WRQ_USERDIR と呼ばれる設定プロパティに対応しているものがあります。このプロパティは、既定のユーザデータディレクトリが %personalfolder%¥Attachmate¥Reflection. であるアプリケーションにのみ影響します。インストールするアプリケーションのインストーラの [ファイルの場所] タブに、ユーザデータディレクトリを変更するためのオプションが含まれない場合は、このプロパティを使用して既定値以外のユーザデータディレクトリを指定できます。

  5. [ファイル] -[名前を付けて保存] コマンドを選択します。

関連項目

トランスフォームの作成と編集