目次/索引/検索の表示

コマンドラインからのインストール

Attachmate 設定ウィザードのコマンドラインを使用して、配布イメージや管理者用インストールイメージから Reflection をインストールできます。また、バッチファイルにコマンドラインオプションを含めてインストールパラメータを事前設定し、Reflection のインストール中のユーザの対話を制限することもできます。無人インストールを行うため、インストールのダイアログボックスが表示されないようにすることもできます。

また、コマンドラインオプションを使用して、Reflection をユーザごとにインストールするよう準備することもできます。通常、MSI のコマンドラインオプションはすべて Attachmate 設定ウィザードのコマンドラインから使用できます。

コマンドラインからインストールするには

  • コマンドプロンプト、または [スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のいずれかを実行します。
    • 管理者用インストールイメージを作成するには、以下を入力します。

      setup.exe /install /admin TARGETDIR=path

      path の部分には、サーバ上の管理者用インストールイメージへのパスが入ります。

      または

    • 一般的な設定でワークステーションにインストールするには、以下のように入力します。

      setup.exe /install INSTALLDIR=path

      path には、インストールディレクトリのパスが入ります (INSTALLDIR=path はオプション)。

注意:インストールをカスタマイズするためのコマンドラインオプションの一覧を表示するには、setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動し、以下のように入力します。

setup.exe /?

 

MSI を使用して直接インストールするには

  • コマンドプロンプトまたは、[スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで、msi ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のように入力します。
    msiexec.exe /i installation_file_name.msi

注意:

  • MSI から直接 Reflection をインストールする場合は、Reflection をインストールする前に、前提条件の Microsoft .NET Framework Runtime ソフトウェアがユーザのワークステーションにインストールされていることを確認してください。MSI でこの前提条件のソフトウェアが検出されない場合は、インストールが完了しません。
  • setup.exe を実行すると、以前のバージョンの Reflection が削除されます。これは必須ステップです。そのため、管理者が Reflection .msi ファイルを直接配布する場合、管理者はまず最初に Reflection を手動でアンインストールする必要があります。詳細は、技術ノート 2218 (英語のみ) を参照してください。
  • MSI から直接 Reflection 2011 R2 以降をインストールして、ユーザが Microsoft VBA マクロを実行または開発できるようにするには、Microsoft VBA 6.5 を直接インストールする必要があります(インストール CD の [Prerequisites] フォルダ内のコアおよび特定言語の MSI を使用します)。

関連項目

必須ソフトウェア