目次/索引/検索の表示

以前の EXTRA! マクロ

Reflection では、暗号化された EXTRA! マクロを含むほとんどの EXTRA! マクロファイル (.ebm) を実行できます。

注意: Reflection 内の以前の EXTRA! マクロを使用するには、Reflection をインストールする時に、以前の EXTRA! 機能をインストールする必要があります (この機能は、[3270/5250 | 互換性] または [UNIX] および [OpenVMS | 互換性] の [Attachmate インストールプログラム機能] タブで使用できます)。

EXTRA! マクロを実行するには

  1. 次の方法で、Reflection の [マクロの実行] ダイアログボックスを開きます。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Reflection リボン

    [セッション] リボンの [マクロ] グループから [マクロの実行] をクリックします。

    [Reflection] ボタン

    Reflection ブラウザ

    [Reflection] メニューから、[ツール] - [マクロ] - [マクロの実行] を選択します。

  2. [マクロの実行] ダイアログボックスで、[以前の EXTRA! マクロ] をクリックします。
  3. マクロファイルを参照して選択し、[開く] をクリックします。マクロは信頼された場所に格納する必要があります。

注意:

  • 対応していないオブジェクトがマクロに含まれる場合、その機能は制限されるか、実行されない可能性があります。
  • 対応していないオブジェクトとメソッドの一覧については、「Reflection VBA Guide」 ([ヘルプ] - [VBA ガイド] コマンド) を参照してください。
  • 注意:画面の入力準備ができた時の Reflection の検出方法を変更するようにこれらのマクロを編集し、収録された EXTRA! マクロのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。(技術ノート 2483 を参照してください。)