目次/索引/検索の表示

レイアウトの作成または変更

Reflection では、ワークスペースのサイズ、位置、および配置と、すべての開いている端末セッションドキュメントまたは Web セッションドキュメントをレイアウトファイルに保存できます。Reflection が開かれると、レイアウトが自動的に開かれて、レイアウトに保存されたすべてのドキュメントが配置され、すべての固定画面 (スクラッチパッドや画面履歴など) が開かれて所定の場所に置かれ、セッションドキュメントが構成済みホストに接続されます。

ドキュメントをタブとして表示するようにワークスペースが設定されている場合は、各タブの名前を作成できます。 これは、1 つのホスト上で 2 つの異なるアプリケーションを使用する場合に便利です。 そのホストに接続するセッションドキュメントを作成して、そのドキュメントを 2 回開き、各タブに異なる名前を追加して、レイアウトを保存します。

また、レイアウトファイルを使用して、Reflection の複数のインスタンス内で Reflection .NET API に同時にアクセスできます。

注意: レイアウトを開く時にすでに端末セッションドキュメントまたは Web セッションドキュメントが開いている場合、レイアウトは新しいワークスペースで開きます。

通常使用する端末セッションをレイアウトに保存すると、レイアウトを開くだけで、端末セッションを好みの配置で 1 度に開くことができます。

レイアウトを作成するには

  1. レイアウトに含めるドキュメントおよびすべての固定画面を開きます。
  2. (オプション) Reflection .NET API を使用して複数のレイアウトにアクセスするには、次のように必要な API 設定を入力します。
    1. [レイアウトの設定] ダイアログボックスを開きます。
    2. サーバおよびチャネル名に該当する値を入力します。
  3. (オプション) ドキュメントをタブとして表示するようにワークスペースが設定されている場合は、各ドキュメントタブに内容を表すラベルを追加できます。
    1. セッションタブを右クリックして、[タブのプロパティ] を選択します。
    2. [名前] ボックスに、タブに表示する名前を入力し、[OK] をクリックします。
  4. 必要に応じてワークスペースのサイズと位置を調整します。
  5. 次のいずれかを実行します。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Microsoft Office 2007

    Reflection ボタン[Reflection] ボタンから、[レイアウトの保存] を選択します。

    [Reflection] ボタン

    Microsoft Office 2010

    [ファイル] - [レイアウトの保存] コマンドを選択します。

    [Reflection] ボタン

    [Reflection] ブラウザ

    Reflection メニューから [レイアウトの保存] を選択します。

  6. レイアウトファイルに名前を付けて、信頼された場所に保存し、[保存] をクリックします。

    セッションドキュメントを保存していない場合は、保存するよう要求されます。

保存されたレイアウトを変更するには

  • レイアウトに対する変更を保存するには、レイアウトを同じ名前でもう一度保存します。

    注意: Reflection は、レイアウトに対する変更の保存を要求するプロンプトを表示しません。

関連項目

レイアウトを開く

[タブのプロパティ] ダイアログボックス

[レイアウトの設定] ダイアログボックス