目次/索引/検索の表示

Secure Shell 設定の構成

ほとんどの場合、Reflectionはホストに接続し、既定の Secure Shell 構成を使用してユーザが自らのパスワードでログインできるようにします。別のユーザ認証方法を構成する必要がある場合、または Secure Shell 構成にほかに変更を加える必要がある場合は、[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを使用します。

端末セッションの Secure Shell 設定を変更するには手順に従います。

  1. 変更したい端末セッションを開きます。
  2. ホストから切断します。
  3. Reflection でセッションが開いている状態で、クイックアクセスツールバーから [ドキュメント] 設定ボタン をクリックします。
  4. [接続設定の構成] をクリックします。
  5. [ネットワーク接続の種類][Secure Shell] をオンにします。
  6. [接続オプション] でホスト名を入力します。
  7. (オプション) [SSH 構成セクション] の値を指定します。

    これを空白のままにすると、Secure Shell 設定に対する変更が現在のホスト名の下にある Secure Shell 構成ファイルに保存され、構成した設定は既定ではこのホストへのすべての Secure Shell 接続に適用されます。セクション名を指定した場合、Secure Shell 設定に対する変更が指定したセクション名の下にある Secure Shell 構成ファイルに保存され、構成した設定はこのセクション名を指定した後の接続に適用されます。

  8. [セキュリティ] をクリックします。
  9. [Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを使用して設定を構成し、[OK] をクリックします。

    注意: [OK] をクリックすると、既定値に対する変更が Secure Shell 構成ファイルに保存されます。

関連項目

Secure Shell を使用した接続

Secure Shell 構成ファイル