目次/索引/検索の表示

Secure Shell セッションの GSSAPI (Kerberos) 認証の有効化

Kerberos は、クライアント認証とサーバ認証の両方の代替メカニズムを提供するセキュリティプロトコルです。Kerberos 認証は、KDC (Key Distribution Center) と呼ばれる信頼されたサードパーティに依存しています。Secure Shell プロトコルは、GSSAPI (Generic Security Services Application Programming Interface) を介して Kerberos 認証に対応しています。

GSSAPI (Kerberos) 認証を有効にするには

  1. [Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを開きます。
  2. [全般] タブの [ユーザ認証] で、[GSSAPI/Kerberos] チェックボックスをオンにします (公開鍵認証のみを使用する場合は、その他のオプションをオフにします。GSSAPI アプリケーションプログラミングインタフェースは、ssh2 接続用の Kerberos チケットの取得に使用されます)。
  3. [GSSAPI] タブをクリックして、追加の GSSAPI 設定を構成します。