目次/索引/検索の表示

画面履歴のキャプチャ

画面履歴は、ユーザが IBM 3270 および 5250 ホスト画面に移動するたびに、ホスト画面の記録を作成します。VT 画面は、手動キャプチャを使用して記録できます。これらの画面から情報を表示して確認し、複数のホスト画面を Microsoft Word、PowerPoint、および Outlook の電子メールメッセージおよびメモ (コンピュータにインストールされている場合) に送信することができます。

注意: ホスト画面のテキスト領域のみが記録されたイメージに含まれます。ホストグラフィックイメージは含まれません。

以前に表示した画面を表示するには

  1. 次の方法で、[画面履歴] タスク画面を開きます。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Reflection リボン

    [セッション] リボンで [オフィスツール][画面履歴] ボタンをクリックします。

    [Reflection] ボタン

    Reflection ブラウザ

    [Reflection] メニューから、[表示] - [画面履歴] を選択します。

  2. 画面のサムネイルをクリックします。

    画面のスナップショットがメインウィンドウに表示されます。

同時に、[画面履歴] タスク画面のツールバーから、以下のコマンドが利用できるようになります。

クリック

目的

[保存]

[画面履歴] タスク画面の内容を、ファイル (.RSHX) として保存します。画面履歴を別のファイルに保存しないかぎり、セッションを閉じた時には保持されません。

ファイルを後で再度開くには、信頼された場所に保存する必要があります。

[開く]

以前に保存した [画面履歴] ファイルを開きます。

[形式を変えてコピー]

選択した画面を、テキストまたビットマップイメージとしてクリップボードにコピーします。

オフィスツール

[オフィスツール] ダイアログボックスを開き、画面履歴から 1 つまたは複数のホスト画面を Microsoft Word、PowerPoint、または Outlook (電子メールメッセージおよびメモのみ) に送ります (該当のアプリケーションがお使いのコンピュータにインストールされている場合)。

[手動キャプチャ]

[画面履歴] タスク画面内で手動画面キャプチャを作成します (これは、入力したテキストを、画面を閉じる前にキャプチャする場合に便利です)。

[現在の画面]

現在アクティブなホスト画面に戻ります。

[逆順]

最近使用した画面をタスク画面の上部に表示します。元の順番に戻すには、再度クリックします。

[すべてクリア]

すべてのコンテンツを一度に消去します。

[自動非表示]

タスク画面を自動非表示モードにします。これにより、タスク画面がアプリケーションフレームの端に折りたたまれます (タスク画面を再度開くには、フレームの端にマウスを重ねます)。

関連項目

ホストデータとオフィスツールの統合

画面の手動キャプチャ

リボンからの画面履歴の移動

[画面履歴の構成] ダイアログボックス