目次/索引/検索の表示
アクセス許可マネージャのアイテム: VT 端末\Document\Terminal

ドキュメント\端末

 

アイテム名

サブグループ

UI の説明

 

AutoResizeScreen

 

表示されているデータに合わせて端末ウィンドウを自動的にリサイズします。

 

CompressBlankLines

 

複数の空行を単一の空行に圧縮して、ディスプレイメモリの空間を節約するかどうかを指定します。

 

DisplayColumns

 

端末画面全体の桁数を表示します。

 

DisplayMemoryBlocks

 

ディスプレイメモリに割り当てる 8K のメモリブロックの数。

 

DisplayRows

 

端末画面全体の行数を表示します。

 

EnableHotspots

 

定義済みのホットスポットをすべて使用可能にします。

 

GraphicsTerminal

 

グラフィック端末をエミュレートします。

HotspotsAltKey

実行

[マウスクリックと組み合わせて押すキー] で、[Alt] キーを有効にします。

HotspotsCtrlKey

実行

[マウスクリックと組み合わせて押すキー] で、[Ctrl] キーを有効にします。

HotspotsDoubleClick

実行

[マウスクリックと組み合わせて押すキー] で、ダブルクリック操作を有効にします。

HotspotsMouseButton

実行

ホットスポットを実行するマウスボタン。

HotspotsShiftKey

実行

[マウスクリックと組み合わせて押すキー] で、[Shift] キーを有効にします。

 

JumpScrollSpeed

 

画面の更新頻度を制御します。

 

MultiplePageTerminal

 

複数ページ端末をエミュレートします。

 

NewPageOnClear

 

ユーザまたはホストが画面をクリアした時に、画面のデータをクリアします。

 

SaveFromScrollingRegion

 

スクロール領域の範囲外にスクロールしたテキストをディスプレイメモリに移動します。

 

ShowControlCharacters

 

制御コードを表示します。これにより、ホストから受信された文字と、キーボードによって生成された制御コードを正確に知ることができます。

 

SmoothScroll

 

スクロール速度の設定。

 

TerminalAdvancedSettingsDialog

 

[端末の設定] ダイアログボックス。この設定へのアクセスを制限することで、このダイアログボックスへのユーザアクセスを制限します。

 

TerminalType

 

エミュレートする端末の種類 (VT500-7、XTERM、WYSE など)。

 

WyseLabelLines

 

表示するラベル行の数。このプロパティは、Wyse 端末のエミュレーション中のみ有効です。