目次/索引/検索の表示
鍵エージェントへの鍵の追加

鍵エージェントに鍵を追加するには、鍵エージェントを使って鍵を生成するか、Reflection またはその他のアプリケーションで作成した鍵をインポートします。鍵エージェントで作成した鍵は、暗号化されてエージェントに保存されます。この鍵にアクセスする時は、鍵エージェントを使用する必要があります。[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスで作成した鍵は、<ユーザ名>¥My Documents¥Attachmate¥Reflection¥.ssh フォルダに保存されます。鍵エージェントにインポートした鍵は、暗号化されてエージェントに保存されます。元の鍵も、削除しないかぎりそのまま残ります。

鍵エージェントを使用して新しい鍵のペアを生成するには

  1. 鍵エージェントを起動してロック解除します。
  2. [鍵の生成] をクリックします。
  3. 鍵の名前、種類、長さを指定し、[OK] をクリックします。

Reflection を使用して新しい鍵のペアを生成するには

  1. [Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを開きます。
  2. [ユーザ鍵] タブで、[鍵の生成] をクリックします。
  3. 鍵の名前、種類、長さを指定します (既定以外の鍵の名前または場所を指定する場合は、[参照] ボタンをクリックします)。
  4. パスフレーズを指定するか、[パスフレーズなし] を選択します。
  5. [生成] をクリックします。

鍵エージェントに秘密鍵をインポートするには

  1. 鍵エージェントを起動してロック解除します。
  2. [ファイル] - [秘密鍵のインポート] コマンドをクリックします。
  3. 追加する鍵を選択します。Reflection アプリケーションで作成した鍵の既定の場所は以下のとおりです。

    <個人用ドキュメントフォルダ>¥Attachmate¥Reflection¥.ssh

    [秘密鍵のインポート] をクリックすると、既定でこのフォルダが開きます。鍵のペアごとに、*.pub ファイルと拡張子のないファイルの 2 つが保存されます。秘密鍵は、拡張子のないファイルです。

  4. 鍵がパスフレーズで保護されている場合は、インポートする際に正しいパスフレーズを入力する必要があります。

    インポートした鍵は、鍵エージェントのパスフレーズで保護されます。元の鍵とパスフレーズは変更されません。

関連項目

サーバへの鍵のアップロード

[鍵の生成] ダイアログボックス

鍵エージェントへの証明書のインポート