目次/索引/検索の表示

[イベントトレースの処理] ダイアログボックス (VT セッション)

表示方法

このダイアログボックスでは、VT セッションでの問題解決時に作成されたトレースを処理できます。

注意:イベントのトレース方法、トレースの処理方法、トレースレポートの作成方法、トレースの再生方法の手順については、「イベントトレースの処理 (VT)」を参照してください。

 

スクリプトを作成する

選択したフォルダに .rbs というファイル拡張子の付いたレポートを作成します。このオプションを使用して、トレースファイル (.rev) を Reflection Basic スクリプトファイルに処理します。

 

レポートを作成する

選択したフォルダに .txt というファイル拡張子の付いたレポートを作成します。このオプションを使用して、トレースファイル (.rev) をテキストベースのファイル形式に処理します。

レポート書式

[レポートを作成する] をオンにした場合、以下のいずれかのオプションを選択することもできます。

 

設定の詳細とシステム情報

マシンのオペレーティングシステムについての設定および情報を含める場合に選択します。

 

タイミング

トレース中に実行される各イベント項目の横にタイムスタンプを付ける場合に選択します。

 

ディスプレイメモリ

ディスプレイメモリバッファにすべての情報を含める場合に選択します。

 

ネットワークプロトコルの詳細

接続に使用されるネットワークプロトコルに関する詳細を含める場合に選択します。

 

コードページの詳細

PC で使用されるコードページの情報を含める場合に選択します。

 

特別編集

機密情報をトレースから削除する場合に選択します。具体的には、このオプションではアルファベットを X で、数字を g で置き換えます。コントロールおよびエスケープシーケンス以外のアプリケーションデータのみが影響を受けます。

 

文字列の構文

文字列の表示に使用される形式を選択します。[従来式] から、Visual Basic または C 文字列の構文を選択します。