目次/索引/検索の表示

トランスフォームの作成

Reflection をカスタマイズして、インストールの方法、外観、およびユーザのコンピュータでの動作を指定します。

インストールのトランスフォームを作成するには

  1. Reflection をインストールしたワークステーションで、デスクトップショートカットから Attachmate カスタム設定ツールを開きます。または、次のようにコマンドラインから開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2. [以下の製品のセットアップカスタム設定ファイルを新規作成する] を選択し、[OK] をクリックします。
  3. 左側のパネルのリストで項目を選択すると、右側に構成パネルが開くので、そこでカスタマイズを行います。
  4. [ファイル] -[名前を付けて保存] コマンドを選択します。

    トランスフォームファイルは .mst ファイルとして保存されますが、その際 Reflection のインストーラパッケージファイルと同じフォルダに保存することを推奨します。

既存のインストールのトランスフォームを変更するには

  1. Reflection をインストールしたワークステーションで、デスクトップショートカットから Attachmate カスタム設定ツールを開きます。または、次のようにコマンドラインから開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2. [既存のセットアップカスタム設定ファイルまたはコンパニオンインストーラを開く] をオンにし [OK] をクリックします。
  3. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、トランスフォームファイルを作成した時に選択した場所を参照し、transform_name.mst ファイルを選択します。
  4. 左側のパネルのリストで項目を選択すると、右側に構成パネルが開くので、そこでカスタマイズを行います。
  5. [ファイル] -[名前を付けて保存] コマンドを選択します。

    トランスフォームファイルは .mst ファイルとして保存されますが、その際 Reflection のインストーラパッケージファイルと同じフォルダに保存することを推奨します。

関連項目

トランスフォームの作成と編集

トランスフォームファイルの作成および編集用パネル