目次/索引/検索の表示

トランスフォームファイルの作成および編集用パネル

表示方法

Reflection カスタム設定ツールを使用すると、主要なインストーラのデータベースを修正する MSI トランスフォームを作成することができます。 また、Reflection カスタム設定ツールを使用してこの製品用に作成した既存の .mst ファイルを開いて編集することもできます。

作成したトランスフォームは、インストールに含める必要があります。トランスフォームは、setup.exe で起動するあらゆるインストールまたはコマンドラインインストール (配布ツールの多くで使用されている) とともに使用することができます。 インストーラがトランスフォームを適用できるのは、インストール実行時だけです。

次のオプションがあります。

 

インストール場所および組織名
ユーザのコンピュータ上の既定のインストールフォルダを指定します。

 

ライセンスおよびセッションのメータリング
インストールの使用許諾契約に同意し、セッションメータリングオプションを定義します。

 

ユーザインタフェース
インストールのユーザインタフェースオプションを選択します。

 

以前のインストールの削除
以前のインストールを削除します。

 

インストールの追加とプログラムの実行
追加製品のインストールを追加、変更、または削除し、プログラムを実行します。

 

設定プロパティの変更
インストール時に適用する設定プロパティを設定します。

 

機能のインストール状態の設定
機能ごとにインストール状態をクリックして選択します。

 

ショートカットの構成
この製品のショートカットを変更します。

 

レジストリデータの追加
インストール時にユーザのコンピュータに追加するレジストリデータを指定します。

 

アプリケーション設定の変更
カスタム設定ファイルがインストールされているコンピュータのアプリケーション設定を変更します。

関連項目

トランスフォームの作成と編集

インストールの追加 (連結) とプログラムの実行

Reflection の配布