目次/索引/検索の表示

スクリプトのログファイルを作成する場合

スクリプトファイルを実行する起動コマンドを使って FTP クライアントを起動する場合には、実行されたコマンドの結果の記録を保存するログファイルを作成するようにクライアントに指示するコマンドラインスイッチを含むことができます。

クライアントアプリケーション内からスクリプトファイルを実行してログファイルを作成するには、[ツール] - [記録の開始] コマンドを選択してから、[スクリプト] - [スクリプトの実行] コマンドをクリックします。

FTP オートメーション API を使用して FTP クライアントアプリケーションを制御する場合、StartLog メソッドと StopLog メソッドを使用して記録を制御できます

関連項目

FTP クライアント起動スイッチ

起動時にスクリプトファイルを実行する

FTP クライアント転送の自動化オプション