目次/索引/検索の表示

ファイルおよびディレクトリのアクセス許可の設定

サーバ上のファイルのアクセス許可を、サーバウィンドウまたは FTP コマンドラインを使用して変更できます。また、新しいファイルおよびディレクトリのグローバルな既定を構成することもできます。個々のサイトで、ファイルが転送されるか新しいディレクトリが作成されるたびにクライアントがアクセス許可値を要求するように構成することができます。

サーバウィンドウを使用してファイルおよびディレクトリのアクセス許可を変更するには

  1. UNIX ホストまたは Linux ホストに接続します。
  2. サーバウィンドウで、1 つまたは複数のファイルまたはディレクトリを選択します。
  3. 選択したファイルまたはディレクトリを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  4. 次のいずれかの方法で、選択したファイルまたはディレクトリの属性を変更します。
    • [許可モード] ボックスに、UNIX の chmod コマンドとして有効な 3 桁の数値を入力します。 有効な値の桁数は 0 ~ 7 です。
    • [所有者][グループ]、および [公開] で、各ユーザタイプの読み取り、書き込み、または実行を許可するオプションを選択します。
  5. [OK] をクリックします。

転送されたファイルまたは新たに作成されたディレクトリのグローバルな既定を構成するには

  1. [ツール] - [オプション] に進みます。
  2. アップロードおよびダウンロードされたファイルの既定のアクセス許可を設定するには、[属性] タブを使用します。
  3. 新たに作成されたディレクトリの既定のアクセス許可を設定するには、[ディレクトリ属性] タブを使用します。
  4. [OK] をクリックします。

ファイルを転送またはディレクトリを作成するたびにアクセス許可を設定するには

  1. [サイトのプロパティ] ダイアログボックスを開きます。
  2. ファイルを転送するたびにアクセス許可を設定するには、[転送] タブをクリックして、[転送前にダウンロードオプションを表示する] および [転送前にアップロードオプションを表示する] のいずれかまたは両方をオンにします。
  3. サーバ上でディレクトリを作成するたびにアクセス許可を設定するには、[ディレクトリ] タブをクリックして [ディレクトリ作成前に属性を表示] をオンにします。
  4. [OK] をクリックします。

FTP コマンドラインを使用してファイルおよびディレクトリのアクセス許可を変更するには

  1. UNIX ホストまたは Linux ホストに接続します。
  2. コマンドラインが表示されていない場合は、[F7] キーを押して表示します。
  3. UNIX chmod コマンドと許可マスクの数値を入力します。

    例えば、次のコマンドは指定したファイルの属性を -rw-r--r-- に設定します。

    chmod 644 myfile.htm

注意: ディレクトリに対する許可の変更は再帰的ではないので、ディレクトリ内のファイルには影響しません。

関連項目

FTP コマンドラインの使用

サーバファイルのプロパティダイアログボックス

ダウンロードしたファイルの時刻と日付の設定

ダウンロード時のファイル名の変更

アップロード時のファイル名の変更