目次/索引/検索の表示

[API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスから Reflection .NET API を使用可能にし、対応する設定を指定できます。

注意:API を Reflection の複数のインスタンスで同時に使用する必要がある場合は、レイアウトを使用します。[レイアウトの設定] ダイアログボックスで、各レイアウトの [IPC チャネル名] に異なる設定を指定できます。

[API の設定*]

 

[API を無効にする]

オンにすると、カスタムアプリケーションは、Reflection のこのインストールにアクセスできません。

 

[以前の API の設定]

以前の Reflection マクロに対応しているかどうか、また API COM オブジェクトを取得するために使用される GetObject() メソッド用の設定が以前のどの API にあるかを判別するには、この設定を使用します。Reflection は複数の API に対応していますが、一度に 1 種類のみの以前の API オブジェクト用の GetObject () コールを受け付けることができます。

 

選択する項目

状況

 

 

[以前の API はありません]

以前の Reflection マクロを使用しない場合、またはコードで以前の API COM オブジェクトにアクセスするために GetObject() を使用しない場合。

 

 

Reflection

以前の Reflection マクロを使用する場合、または以前の Reflection API COM オブジェクトにアクセスするために GetObject() を使用する場合。以降に開くか作成する各セッションドキュメントには、以前のマクロ機能が備わります。VB エディタ内に、標準の VBA プロジェクトに加えて以前の VBA プロジェクトが含まれます。

注意:この設定に関わらず、ワークスペースで開くすべての Reflection 設定ファイルは以前の API に対応します (Reflection セッションドキュメントとして保存した設定ファイルを含みます)。

 

 

[EXTRA!]

以前の EXTRA! の API COM オブジェクトにアクセスするには、GetObject() を使用します。

[操作の許可]

グループポリシまたはアクセス許可マネージャで制限されている操作が、マクロまたは API 呼び出しを通じて開始された場合の処理を指定します。

[Vista の場合は権限の昇格を要求する。XP の場合は実行しない]

Windows Vista を実行するコンピュータでオンにすると、ユーザアカウント制御 (UAC) を使用して制限付きの操作が制御されます。

または

Windows XP を実行するコンピュータでオンにすると、制限付きの操作は実行されません。

 

[操作を実行する]

オンにすると、マクロまたは API 呼び出しを通じて開始された制限付きの操作が要求どおりに実行されます。同じ操作がユーザインタフェースを通じて開始された場合は実行されません。

関連項目

[レイアウトの設定] ダイアログボックス

レイアウトの使用

トラストセンター