目次/索引/検索の表示

[メインフレーム] タブ ([転送の設定] ダイアログボックス)

表示方法

次のオプションがあります。

[ホスト]

 

[システム]

ホストが実行するオペレーティングシステムを選択します。

 

[起動コマンド]

Reflection からの命令でファイル転送を開始するホストプログラムの名前を入力します。既定値の IND$FILE は、CMS ホストと TSO ホストに適しています。

CICS ホストに IND$FILE を使用することもできますが、使用サイトの CICS 処理 (CFTR など) を指定しなければならない場合があります。

2 バイト文字を処理する場合は、APVUFILE を使用します。

[詳細設定]

選択したホストシステムの種類 (CICS、CMS、または TSO) の詳細設定を構成します。

[フィールド転送]

 

[最大フィールドサイズ]

Reflection で WSF (Write Structured Field) プロトコルを使用する場合は、バッファの値 ([使用不可] 以外) を選択します。一般に、バッファサイズが大きいほど転送速度は向上します。ただし、ホストが対応していない大きな値を選択すると、バッファサイズ以上のファイルを最初に送ろうとした時にホストがセッションを切断します。

このオプションは、IND$FILE 転送、APVUFILE 転送、および DISOSS 転送に適用されます。

[待ち時間 (秒)]

 

[起動時]

接続を試みる時に、Reflection がホストから応答を待つ時間を設定します。1 ミリ秒から 9999 秒までの間の値を選択します。

 

[応答時]

Reflection がホストから応答を待つ時間を設定します。 1 ミリ秒から 9999 秒までの間の値を選択します。

関連項目

メインフレームファイル転送