目次/索引/検索の表示
[CMS 詳細オプション] ダイアログボックス

表示方法

次のオプションがあります。

[論理レコード長]

ホストで作成されるファイルのレコードサイズをバイト単位で入力します。このボックスを空白のままにすると、レコードサイズはホストによって決定されます。0 から 32768 までの値を使用して、ホストが受け入れる範囲に対応します。

テキストファイルの場合、ファイル内の一番長い行を収容できるようにこの値を設定します。このボックスを空白のままにすると、ホストは通常、80 文字までの行を受け入れます。

[CR/LF 処理]

次のいずれかのオプションを選択すると、送信中ファイルの各行の末尾から、復帰文字および行送り文字が取り除かれます。

CR/LF 処理は、通常、ASCII ファイルおよび JISCII ファイルに適していますが、バイナリファイルには適していません。これらのオプションの既定値は適宜設定されます。

[ファイル転送追加パラメータ]

このテキストボックスを使用して、ホストシステム上の IND$FILE (または APVUFILE) プログラムに固有のパラメータを指定します。このテキストボックスの内容は、Reflection によって生成される転送コマンドの末尾に追加されます。Reflection では、このテキストボックスの内容の有効性は確認されません。

[NOSO][SO]、および [ユーザモード] 設定の詳細については、2 バイト文字ファイルの転送の設定 の項を参照してください。

関連項目

2 バイト文字ファイルの転送の設定

[メインフレーム] タブ ([転送の設定] ダイアログボックス)

メインフレームファイル転送