目次/索引/検索の表示

Send.exe と Receive.exe

Reflection には、Send.exe と Receive.exe の 2 つのコマンドラインユーティリティが付属しています。これらを使用して、DOS コマンドプロンプトからメインフレームファイル転送を実行できます。

Send.exe

Send.exe は、DOS プロンプトからファイルをメインフレームホストに送信します。Send.exe の構文は、HALLAPI 関数の Send File (90) と同様です。

ファイルを送信する前に、ホストに接続しており、待機プロンプト状態である必要があります。

Send.exe を使用してファイルをホストに送信するには、DOS プロンプトで次のように入力します。

send <PC ファイル名> <RIBM 表示行の短名>:<ホストファイル名> [IND$FILE オプション]

Receive.exe

Receive.exe は、メインフレームホストからのファイルを DOS プロンプトから受信します。Receive.exe の構文は、HLLAPI 関数の Receive File (91) と同様です。

ファイルを受信する前に、ホストに接続しており、待機プロンプト状態である必要があります。

Receive.exe を使用してホストからファイルを受信するには、DOS プロンプトで次のように入力します。

receive <PC ファイル名> <RIBM 表示行の短名>:<ホストファイル名> [IND$FILE オプション]

関連項目

メインフレームへのファイルの送信

メインフレームからのファイルの受信

メインフレームファイル転送