目次/索引/検索の表示
バッチウィザード

表示方法

[バッチウィザード] を使用して新しい項目をバッチ転送に追加します。

注意:Reflection は、[転送] ダイアログボックスの [単一] タブからファイルを転送すると、ファイル転送を自動的にバッチリストに追加します。[バッチウィザード] を使用するよりもこの方法で項目を追加する方が、ニーズに合っている場合があります。実際に転送処理を行わずに転送をバッチに追加する場合、[バッチウィザード] が便利です。

 

新規の単一転送をバッチに追加する

このオプションを使用して、バッチリストへの新規の転送を構成します。[次へ] をクリックし、[バッチウィザード] 転送パネル (後述) を使用して転送を構成します。

 

ホスト名

この転送に使用するホストを指定します。接続されている場合、これは現在接続されているホストにする必要があります。

 

転送方式

使用するファイル転送プロトコルを選択します。

 

既存のバッチファイルから転送を追加する

このオプションを使用して、転送要求ファイルにすでに保存済みの転送をインポートします。保存済みファイルの転送が、現在のリストの最後に追加されます。

 

バッチファイル名

バッチに追加する転送を含む、転送要求ファイルのパスおよびファイル名を入力します。

[バッチウィザード] 転送パネル

このパネルを使用して、バッチリストの転送を構成します。[バッチウィザード] パネルは、[転送] ダイアログボックスの [単一] タブに似ていますが、以下のような違いがあります。

  • [バッチウィザード] パネルで行った変更は、バッチリスト内で追加または変更する項目にのみ影響します。これらの変更は、それ以降の転送には影響せず、設定ファイルの保存時にも保存されません。
  • [バッチウィザード] で、[送信] または [受信] をクリックして転送方向を設定します。選択した方向は、パネルの最上部に青い矢印の方向で示されます。転送は実際には行われません。
  • [バッチウィザード] パネルには、現在構成されている転送を実行する [テスト] ボタンがあります。

関連項目

バッチ転送

[転送] ダイアログボックス