目次/索引/検索の表示

ワークスペース開始の実行順序の設定

セッションが開き、ホストに接続した時ではなく、ワークスペースが開始した時に一連の操作を実行するよう、Reflection を設定できます。

そうすると、セッションとは切り離して操作を自動化することが可能になります。例えば、Visual Basic for Application (VBA) マクロを作成している場合は、ワークスペースを開始した時に、VB プロジェクトエディタ、VBA ヘルプ、およびVBA ガイドを開く操作を設定できます。

ワークスペース開始の実行順序を設定するには

  1. 次の方法で、[Reflection ワークスペースの設定] ダイアログボックスを開きます。

    以下のルックアンドフィールを使用している場合

    手順

    [Reflection] ボタン

    Microsoft Office 2007

    [Reflection] ボタンから[Reflection] ボタン[Reflection ワークスペースの設定] を選択します。

    [Reflection] ボタン

    Microsoft Office 2010

    [ファイル] - [Reflection ワークスペースの設定] コマンドを選択します。

    The Reflection button

    Reflection ブラウザ

    [Reflection] メニューから、[設定][Reflection ワークスペースの設定] を選択します。

  2. [ワークスペースの設定] の下の [ワークスペース設定の構成] をクリックします。
  3. [ワークスペースとドキュメント][ワークスペースを開始するとき] 一覧から、[起動操作を実行する] を選択します。
  4. [操作の選択] をクリックします。
  5. [操作の選択] ダイアログボックスの左画面で、[割り当て先] から [操作の実行順序] を選択します。
  6. [起動操作を実行する] で、[追加] をクリックし、[操作] リストから操作を選択します。
  7. その他の操作を追加するには手順 6 を繰り返し、操作の実行順序を指定します。

関連項目

起動マクロの実行