目次/索引/検索の表示

[クリップボード設定の構成] ダイアログボックス

表示方法

[基本的な編集操作]

[切り取り] オプション

文字を切り取ったり消去した後に行う動作を以下のオプションから選択します。

 

[切り取った領域を空白で埋める]

文字を同じ数の空白で置き換えます。

 

[切り取った領域を Null で埋める]

文字を同じ数の Null で置き換えます。

[コピー] オプション

テキストまたはフィールドをコピーした場合の動作を、以下のオプションで指定します。

 

[選択したテキストを自動的にコピーする]

選択したテキストは自動的にクリップボードにコピーされます。

 

[コピー後に選択を解除する]

クリップボードにコピーした後、選択を解除します。

 

[選択内容を保持する]

選択された領域を維持します。画面内の領域を選択してから新しい画面に移った場合、領域は選択されたままになります。それによって、同じ領域を複数の画面にコピーする際、再度選択する必要がなくなります。

 

[末尾の空白をコピーする]

選択されたフィールドの末尾に空白がある場合、空白も一緒にコピーします。

 

[入力フィールド値のみコピーする]

画面内の領域のうち、入力が許可されている領域のみコピーします。保護フィールド内の文字は空白で置き換えられます。

 

[コピー書式オプション]

Reflection からクリップボードにコピーするファイル形式を指定します。複数の形式を選択すると、データの貼り付け先のアプリケーションは、ニーズに最適な形式を自動的に使用します(例えば、Microsoft Word の一部のバージョンでは、.rtf 形式が使用されます)。

 

[テーブル形式を使用する]

データがコピーされる時に、複数の空白をタブに変換します。選択項目内の単語の間に空白が 2 つ以上ある場合、そのデータをコピーすると空白列はタブ文字 1 つで置き換えられます(表計算およびワープロアプリケーションでは、タブ文字はセル区切りであると解釈されます)。単語間の空白が 1 文字だけの場合は、後に数字または文字 (「0-9」、「+」または「.」) が続く場合を除いて、データをコピーしても空白のままです。

[テーブル形式を使用する] を選択した時に、タブ文字 1 つに変換する単語間の空白文字数を指定する場合は、[フィールド間の空白数] を使用します。

 

[データ区切り]

Reflection からコピーされたデータを、区切り文字を使用してフィールドの境界または単語の境界のどちらで区切るかを指定します。このオプションは、表計算または他のセルベースの情報のフォーマットを制御し、テキストと BIFF 形式にだけ影響します。

[貼り付け] オプション

テキストをコピーした場合の動作を、以下のオプションで指定します。

 

[保護フィールドをマスクする]

貼り付けられたテキストが、画面にどのように割り当てられるかを指定します。

  • 選択されていない場合は (既定値)、テキストは、改行と区切り文字を含むことができる直線的なストリームとして解釈され、それに応じて貼り付けられます。
  • 選択されている場合は、テキストはホスト画面のイメージとして解釈され、現在のカーソル位置を始点とし、現在の画面上にオーバーレイされます。現在の画面に非保護フィールドが含まれる場合は、ソースイメージテキストが貼り付けられます。現在の画面に保護フィールドが含まれる場合は、ソースイメージテキストはスキップされます。

 

[右端で折り返す]

フィールド (または選択された貼り付け領域) に収まらないテキストを、切り捨てずに次の非保護フィールドに貼り付けます。(このオプションは、[保護フィールドをマスクする] が選択されていない場合にだけ使用できます)。

[下のフィールドに折り返す] は、右側にある次のフィールドではなく、下側にある次のフィールドにテキストを折り返します。

[入力フィールドに合わせてテキストを調整する] は、空白で区切られたデータを画面上のフィールドに合わせて調整します。そのため、Word フォーマット (または他の文書) のデータブロックを、そのフォーマットと同じフィールドレイアウトのホスト画面にコピーすることができます。

[フィールド区切りを使用する] は、表計算や他のセルベースの情報のフォーマットを保持します。[右端で折り返す] を有効にする場合は、このオプションも有効にする必要があることがほとんどです。

 

[タブの代替文字列]

貼り付けたデータにタブ文字が含まれていた場合に、指定した文字または文字の組み合わせで置き換えます。

 

[貼り付け後フィールドの最後までクリアする]

新しいデータをフィールドに貼り付けた後、フィールド内に残っている前のデータをすべてクリアします。 

 

[貼り付け後カーソルを移動する]

カーソルを、貼り付けたテキストの末尾に移動します。選択されていない場合は、カーソルは、テキストが貼り付けられる前の位置に戻ります。