目次/索引/検索の表示

Secure Shell ログファイルの使用

ログファイルには、Secure Shell 接続のトラブルシュートに使用可能な情報が含まれています。

注意: [記録内容] 設定を使用して、Secure Shell のログファイルにどの程度の情報を記録するかを指定できます。この設定は、[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスの [全般] タブで行います。

Reflection ワークスペースのログファイルを使用するには

  1. トレースを開始します ([ツール] > [トレースの開始]) 。
  2. 接続します。
  3. トレースを終了します ([ツール] > [トレースの終了]) 。
  4. トレースを処理します ([ツール] > [トレースの処理]) 。
  5. [ネットワークプロトコルの詳細] を選択して [OK] をクリックします。
  6. イベントファイル (*.rev) を選択し、[開く] をクリックします。
  7. ファイル名とログ出力の形式を選択し、[OK] をクリックします。

FTP クライアントのログファイルを使用するには

  • 次のいずれかを実行します。

    目的

    選択

    ファイルへのログ情報の送信

    [ツール] > [記録の開始] で、[ファイルの種類] を「診断ファイル (*.txt)」に変更します。

    FTP コマンドウィンドウのログ情報の表示

    [表示] > [コマンドウィンドウ]