目次/索引/検索の表示

scp コマンドラインユーティリティ

構文: scp [options] [user@host:]file1 [user@host:]file2

scp コマンドラインユーティリティは、ネットワークのホスト間でファイルを安全にコピーします。 データ転送に Secure Shell の sftp サブシステムを使用し、同じ認証を使用して Secure Shell と同じセキュリティを提供します。認証に必要な場合、scp からパスワードまたはパスフレーズの入力を求められます。 ファイル名にホストとユーザの指定が含まれている場合があり、ホスト間でファイルをコピーすることを示します。

使用例

このコマンドラインは、ファイル f1 をホストからローカルマシンにコピーし、名前を f2 とします。

scp user@host:f1 f2

このコマンドは、ローカルファイル f1 をリモートホストの f2 にコピーします。

scp f1 user@host:f2

注意:既存の Secure Shell 接続を再利用できます。ただし、再利用するには、各コマンドラインでこれを明示的に有効にするか、SSHConnectionReUse 環境変数を Yes に設定する必要があります。詳細については、「Secure Shell セッションにおける接続の再利用」を参照してください。

[オプション]

次のオプションがあります。

-a

ASCII モードでファイルを転送します。

-b buffersize

1 つの要求の最大バッファサイズを設定します。

-B

バッチモードを設定すると、パスワードまたはパスフレーズの入力を求められません。 パスフレーズのないユーザ鍵を使用して認証します。

-c cipher

優先順に指定した暗号のカンマ区切りリスト。既定値は、「aes128-ctr,aes128-cbc,aes192-ctr,aes192-cbc,aes256-ctr,aes256-cbc,3des-cbc,blowfish-cbc,cast128-cbc,arcfour128,arcfour256,arcfour」です。接続が FIPS モードで行われるように設定されている場合、既定値は「aes128-ctr,aes128-cbc,aes192-ctr,aes192-cbc,aes256-ctr,aes256-cbc,3des-cbc」です。

プロトコルバージョン 1 (廃止される可能性があるため、推奨されません) では、単一の暗号の指定が許可されています。対応する値は「3des」、「blowfish」、「des」です。

-C

圧縮を使用します。

-d

ターゲットをディレクトリにします。

-D level

デバッグレベルを設定します。 指定可能な値は、1、2、および 3 です。

-F configfile

ユーザ単位の代替構成ファイルを指定します。 構成ファイルをコマンドラインで指定した場合、システム規模の構成ファイルは無視されます。

-h

コマンドラインオプションに関する簡単な説明を表示します。

-H scheme

この接続に使用する SSH 構成セクションを指定します。

-i keyfile

RSA 認証または DSA 認証の識別情報 (秘密鍵) を読み込むファイルを選択します。 識別情報ファイルは、ホスト単位で構成ファイルに指定することもできます。 複数の -i オプション (および構成ファイルに指定した複数の識別情報) を指定できます。 空白を含むパス名は、二重引用符で囲む必要があります。

-k directory

config、ホスト鍵、ユーザ鍵ファイルの代替位置を指定します。

-l limit

帯域幅を指定した値 (Kb 単位) に制限します。

-o option

構成ファイルで使用される形式でオプションを指定するために使用できます。 これは、別個のコマンドラインフラグがないオプションを指定する場合に便利です。 対応するオプションの一覧については、「構成ファイルのキーワード参照」を参照してください。

--overwrite

既存の転送先ファイルを上書きするかどうかを指定します。 指定可能な値は「yes」および「no」です。 既定値は「yes」です。

-p

タイムスタンプとファイル属性を保持します。

-P port

リモートホストに接続するポート。

-q

低度モード。 バナーを含むすべての警告メッセージと診断メッセージを表示しないようにします。

-Q

進行状況のインジケータの表示をオフにします。

-r

すべてのサブディレクトリを含むディレクトリを再帰的にコピーします。

-u

コピー後、ソースファイルを削除します。

-v

高度モード。 ssh により進捗状況に関するデバッグメッセージが表示されます。 これは、接続、認証、構成に関する問題のデバッグに役立ちます。 複数の -v オプションを使用すると、詳細度が高くなります。 最大は 3 (-vvv) です。

-V

バージョン番号とアプリケーション情報を表示します。

-1

プロトコルバージョン 1 のみにします。 このオプションは、ssh トンネルを介して rcp を使用する OpenSSH サーバにもファイルを転送します。

-2

プロトコルバージョン 2 のみにします。

-4

IPv4 アドレスのみを使用します。

-6

IPv6 アドレスのみを使用します。