目次/索引/検索の表示
ホストとシリアルデバイス間の通信の自動的な有効化

プリンタやバーコードリーダなど、シリアルポート上の双方向デバイスが Reflection 経由でホストへ情報を送信できるようにしたい場合に、ホストへのシリアルデバイス通信を使用可能にします。ほとんどのホストは、シリアルデバイスとホスト間の通信を Csi?9I 制御機能により自動的に初期化します。

シリアルデバイスとホスト間の通信を自動的に有効にするには

  1. VT 端末セッションを開きます。
  2. [ツール] リボンをクリックします。
  3. [記録] グループの [記録の設定] 起動ボタンをクリックします。 起動ボタンイメージ
  4. [出力先][シリアルデバイス] を選択した後、[構成] をクリックします。

    [シリアルデバイスポートの構成] ダイアログボックスが表示されます。

  5. [ポート] の一覧で、シリアルデバイスの接続先ポートを選択します。

    必要に応じて、デバイスへのシリアル接続のその他の設定を変更します。

    [詳細設定] ダイアログボックスの [構成] ボタンは、[記録の設定] ダイアログボックスの [構成] ボタンと同じです。シリアルデバイスポートの構成には、これらのボタンを使用してください。

  6. [OK] をクリックします。
  7. ホストアプリケーションがシリアルデバイスにデータを送信する必要がある場合は、[記録の設定] ダイアログボックスで [プリンタ] チェックボックスをオフにします。データの流れが「シリアルデバイスからホスト」のみの場合は、このステップを省略できます。
  8. [OK] をクリックします。

関連項目

ホストとシリアルデバイス間の通信の手動による有効化

[シリアルデバイスポートの構成] ダイアログボックス

[記録の設定] ダイアログボックス

記録をとる方法