目次/索引/検索の表示
アクセス許可マネージャのアイテム:TN5250 の詳細設定

TN5250 の詳細設定

 

アイテム名

サブグループ

UI の説明

 

AS400Host

 

SLP (Service Location Protocol) が有効な場合に接続先となる AS/400 ホストの名前です。

 

Async TransportEnabled

 

ホストのやり取りをポーリングモードに戻します。これは主に診断に使用します。

 

AutoReconnect

 

Reflection が開始していない切断が発生すると、再接続します。

 

AutoSignon

サインオンのオプション

サインオンのオプション (すべてのオプション) です。

 

BackSpaceKeyAsDelete

 

[Backspace] キーを [Delete] キーとして取り扱います。

 

BeforeConnectStartupMacro

 

最初の接続の前にマクロまたは他の操作を実行します。

 

ConnectMacro

接続操作

最初の接続の後でマクロまたは他の操作を実行します。

 

ConnectMacroData

 

接続の確立後に自動的に実行されるマクロの名前です。

 

ConnectScript

 

接続の確立後に自動的に実行される Reflection スクリプトの名前です。

 

ConnectScriptArguments

 

接続の確立後に接続スクリプトに渡されるパラメータ文字列です。

 

DBCSUnmappedChar

 

Shift-JIS の 2 バイト文字変換テーブルで使用できない 2 バイトのホスト文字の変換方法を選択できます。

 

DefaultPorts

 

(IBM が定義した) 既定のポート番号を使用してホストのトランザクションプログラムと通信します。

 

FileSystem

 

ホストからのテキスト転送で ANSI 文字セットまたは ASCII 文字セットを使用するかどうかを選択できます。

 

HLLAPILongName

 

特定の Reflection セッションに関連付けられている HLLAPI アプリケーションです。

 

HLLAPIShortName

 

HLLAPI アプリケーションが Reflection セッションとのリンクで使用する識別子です。

 

HLLAPIStyle

HLLAPI オプション

HLLAPI 構成です。これは数値または定義されている定数です。

 

KeepAlive

その他

ホストにデータを送信していない間に Telnet 接続がアクティブであるかどうかを判定するために、定期的にホストをポーリングします。

 

KeepAliveTimeout

その他

Reflection が送信するキープアライブ要求の間隔 (秒単位で測定) です。

 

ModeName

 

アプリケーションのプロパティです。既定値は「QPCSUPP」です。これは、5250 アプリケーションの AS/400 で定義されている一般的なモード名です。

 

MPTNIPAddress

 

SNA ドメイン名接尾語を含む、Hosts ファイルまたは TCP/IP ドメインネームサーバでの完全なホスト名の接尾語です。

 

Password

サインオンのオプション

([指定のユーザ ID とパスワードを使用して自動サインオンする] の下の) パスワードです。

 

ReuseMSSNAPoolName

 

Reflection の MS SNA プール名の処理方法を指定できます。オフ (既定値) になっている場合、ユーザが必要とする接続数のプールを、管理者が各ユーザに対して割り当てる必要があります。オンになっている場合、管理者は各ユーザに対してプールを 1 度割り当てることができます。

 

RunMacroAtReconnect

接続操作

再接続時に実行します。

 

SingleSignOn

 

複数のログオン手順で、1 つのユーザ名とパスワードを使用します。

 

TelnetEnvironment

 

Reflection との接続が確立されると、自動的にホストにログオンします。

 

TelnetLocation

その他

接続元の場所です。これは、PC からホストへの情報メッセージの提供にも使用できます。

 

TNAPPNGateway

 

画面の保存コマンドでは 3 つ目の PC Support ヘッダを Telnet パススルーヘッダに追加し、画面の復元コマンドではこれを削除します。これは、5250 が Telnet 経由で Apertus ゲートウェイと接続する場合にのみ有効です。

 

UserDataDirectory

 

ユーザが作成するファイル (設定ファイル、トレースファイルなど) が既定で保存されるフォルダです。

 

UserID

サインオンのオプション

([指定のユーザ ID とパスワードを使用して自動サインオンする] の下の)[ユーザ ID] です。

関連項目

アクセス許可マネージャ

アクセス許可マネージャのアイテム: TN5250 Basic