目次/索引/検索の表示

マクロの収録

以下のようなホストアプリケーションとのやり取りを自動化するためのマクロを収録することができます。

  • ホストアプリケーション内でのデータの送信またはテキストの入力
  • ホストアプリケーション間での、テキストやデータの切り取り、コピー、貼り付け
  • ホストアプリケーション間を移動するためのタブの切り替え

 

以下の操作は収録できません。

  • Reflection の設定値および生産性機能 (スペルチェック、自動拡張、オートコンプリートなど) の操作
  • ホストとの接続または切断
  • Web アプリケーションとのやり取り
  • ホストと外部アプリケーション (メモ帳など) 間での、テキストやデータの切り取りや貼り付け

マクロを収録するには

  1. [ツール] リボンをクリックします。
  2. [マクロ] グループの [マクロの収録] をクリックします。
  3. 3270 または 5250 ホストとやり取りするマクロの場合は、ホストがコマンドを 1 つ処理した後、画面を更新し、他のコマンドを送信するための時間を十分に確保できるような値を [ホストの待ち時間] および [画面の安定時間] に入力し、[OK] をクリックします。
  4. 自動化するタスク (複数可) を実行します。
  5. (オプション) 別のタスクの実行のために収録を中断しなければならない時は、[収録の停止] をクリックします。収録を再開するには、もう一度 [収録の停止] をクリックします。
  6. マクロの収録を終了したら、[マクロの収録] を再度クリックします。

    [収録の完了] ダイアログボックスが表示されます。

  7. マクロの名前を指定し、マクロの保存先を選択した後、[OK] をクリックします。

    注意: Visual Basic エディタを使用すると、収録されたマクロを微調整することができます。詳細については、「マクロの編集」を参照してください。

関連項目

マクロの命名

マクロの編集

[マクロの収録] ダイアログボックス

[収録の完了] ダイアログボックス