目次/索引/検索の表示

[マクロの収録] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスでは、ホストがコマンドを 1 つ処理した後、他のコマンドを送信する前に画面を更新するための時間を構成できます。待ち時間は、安定時間より長くなければなりません。

[ホストの待ち時間 (秒)]

コマンドまたはイベントの後にホストの画面が安定するのにかかる最大待ち時間を設定します。ほとんどのホストでは、既定値 (30 秒) が最適な値です。システムまたは接続の動作が遅い場合は、この値を大きくします。

[画面の安定時間 (秒)]

最後の画面変更からマクロによって他のコマンドまたは操作が実行される直前まで画面が無活動状態でなければならない時間を設定します。これにより、ホストからのデータ受信がホストとの対話間で確実に完了します。ほとんどの場合、既定値 (3 秒) が最適な値です。