目次/索引/検索の表示

[収録の完了] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスでは、Reflection ワークスペースマクロとして収録した一連の操作に名前を付けて保存することができます。

 

[現在のドキュメントのプロジェクトに保存する]

マクロが現在のセッションドキュメント (該当マクロを実行するたびに開く必要がある) に保存されます。

 

[共通のプロジェクトに保存する]

マクロが共通プロジェクト (ローカルコンピュータ上の任意のセッションドキュメントからアクセス可能) に保存されます。

 

[マクロ名]

空白を含まない一意の名前を指定します。Visual Basic マクロの命名に関するその他のヒントについては、「マクロの命名」を参照してください。

ここで指定した名前は、実行するマクロを選択する際に開く [マクロの実行] ダイアログボックス内で、該当するモジュール名の後に表示されます。例えば、収録されたマクロは「Recorded.Macroname」として保存されます。

 

[スクリプトをクリップボードにコピー]

マクロがシステムのクリップボードに保存されます。保存したマクロをテキストファイルまたは別のアプリケーションに貼り付けることができます。