目次/索引/検索の表示

起動コマンドの例

次のコマンドは、FTP クライアント (Rftpc.exe) を起動して、既定の設定ファイルに定義されている West Coast という名前のサイトに接続します。

"Reflection2011rftpc.exe" "West Coast"

上の例では、パスの中に空白を含むフォルダ名がありますから、実行ファイルを引用符で囲む必要があります。 同様に、サイト名に空白が含まれていますから、引用符で囲まれています。

次のコマンドは、/W スイッチを使って FTP サイトの URL を指定し、/L スイッチを使ってクライアント/サーバ間のすべての通信を Ftpinfo.log という名前のログファイルに記録するように FTP クライアント (rftpc.exe) に指示します。

"Reflection2011rftpc.exe" /W ftp://ftp.myco.com /L Ftpinfo.log

次のコマンドは、設定ファイルを使用して接続し、スクリプトファイルを実行するよう FTP クライアントに指示します。 /RFW スイッチは、設定ファイル Myfile.rfw を使用して接続するよう FTP クライアントに指示します。 /RFS スイッチは、設定ファイルで指定されたサーバに接続した後、スクリプトファイル Transfer.rfs を実行するよう FTP クライアントに指示します。

"Reflection2011rftpc.exe" /RFW

"C:¥Users¥ユーザ名¥Documents¥Attachmate¥Reflection¥Myfile.rfw" /RFS

"C:¥Users¥ユーザ名¥Documents¥Attachmate¥Reflection¥Transfer.rfs"

関連項目

FTP クライアント起動スイッチ