目次/索引/検索の表示

スクリプトの収録機能で捕捉される操作

スクリプトの収録機能がオンになっている間に実行される接続およびファイル転送処理はほとんど収録されますが、いくつかの例外があります。グラフィカルユーザインターフェイスを使った構成オプションの変更など、収録されないものもあります。 ファイル転送と文字変換の構成をスクリプトに収録するには、コマンドラインに SET パラメータを入力するか、スクリプトを編集して SET パラメータを追加します。

注意:同じセッション内で 2 つのサイトに接続している場合、スクリプトは収録できません。

次の各操作によって FTP スクリプトコマンドが収録されます。

  • コマンドウィンドウ内に入力されたすべてのコマンドが収録されます。
  • グラフィカルユーザインターフェイス (GUI) を使って実行するファイル操作。 どの FTP コマンドが収録されたか確認するには、次の表を参照してください。

    FTP コマンド

    GUI 操作

    OPEN

    FTP サイトを開く ([開く] ツールバーボタンまたはメニューを使用)

    CLOSE

    FTP サイトを閉じる

    CD

    サイト画面のフォルダをクリック (または [フォルダへ移動] ダイアログボックスを使用)

    LCD

    ローカル画面のフォルダをクリック

    DELETE*

    サイト画面のファイルを削除

    LDEL*

    ローカル画面のファイルを削除

    RDALL*

    サイト画面のフォルダを削除

    LRDALL*

    ローカル画面のフォルダを削除

    MD

    サイト画面にフォルダを作成

    LMD

    ローカル画面にフォルダを作成

    GET*

    サイト画面からローカル画面へファイルをドラッグ

    <None>

    サイト画面から [Windows エクスプローラ]、[デスクトップ]、または [マイコンピュータ] フォルダにファイルをドラッグ

    CPDIR*

    サイト画面からローカル画面へフォルダをドラッグ

    <None>

    サイト画面から [Windows エクスプローラ]、[デスクトップ]、または [マイコンピュータ] フォルダにフォルダをドラッグ

    PUT*

    ローカル画面からサイト画面へファイルをドラッグ

    PUT*

    [Windows エクスプローラ]、[デスクトップ]、または [マイコンピュータ] フォルダからサイト画面へファイルをドラッグ

    LCPDIR*

    ローカル画面からサイト画面へフォルダをドラッグ

    LCPDIR*

    [Windows エクスプローラ]、[デスクトップ]、または [マイコンピュータ] フォルダからサイト画面へフォルダをドラッグ

* 複数回選択するとこの FTP コマンドが複数回実行されます。

注意

  • open <servername> <username> <password> コマンドを入力した場合、<password> がスクリプトファイル内で暗号化されます。例えば、次のように入力します。

    open ftp.myco.com anonymous WPD6119O0O3929K148O6KN70652L0739LL00875N44O274

  • コマンドを入力した時にサーバからエラーメッセージが返される場合、スクリプト内ではそのエラーメッセージはコメント行として記録されます。例えば、次のように入力します。

    cd /users/bobc

    ; 550 /users/bobc: No such file or directory.

関連項目

コマンドの解説

SET

スクリプトの記録

FTP クライアントスクリプト