目次/索引/検索の表示

アプリケーションプログラミングインタフェース (API) のインストール

Reflection .NET アプリケーションプログラミングインタフェース (API) は、Reflection とともにインストールすることも、個別にインストールすることもできます。

いずれのオプションでも、API クラスライブラリのアセンブリファイル、ヘルプリファレンス、およびサンプルプログラムとチュートリアルを含むガイドがインストールされます。ヘルプを表示するには、Reflection の [ヘルプ] メニュー、または Visual Studio のヘルプを使用します。

注意:

  • API クラスライブラリのアセンブリファイルが確実に Microsoft Visual Studio と統合されるようにするために、Reflection .NET API をインストールする前に Visual Studio がインストールされていることを確認してください。
  • .NET アプリケーションプログラミングインタフェース (API) は、Reflection .NET API を使用するプログラムをローカルで開発する場合にのみ必要です。この API を使用するカスタムプログラムを実行するために、この API をインストールする必要はありません。このようなカスタムプログラムは、ワークスペースで API が無効に設定されていないかぎり、Reflection をインストールすれば実行できます。([API とマクロのセキュリティの設定] を参照してください)

Reflection とともに API をインストールするには

  1. Reflection インストーラを実行します。
  2. [機能の選択] タブで、[Reflection ワークスペース] を展開し、さらに [エミュレーション] を展開します。
  3. [アプリケーションプログラミングインタフェース] の左側にある下矢印をクリックして、以下を選択します。

    インストール: 選択した機能 [機能をローカルのハードディスクドライブにインストールする]

  4. [続行] をクリックして、インストールを完了します。

API を個別にインストールするには

  1. Programmer フォルダで、Setup.exe ファイルをダブルクリックします。
  2. 画面上の指示に従って、API を既定の場所にインストールします。