目次/索引/検索の表示

API インストーラ

API インストーラを使用すると、Reflection をカスタムアプリケーションに統合するのに必要なファイルのみをインストールできます (API と Reflection を同じコンピュータにインストールするには、Reflection インストーラを実行し、API オプションを選択します)。

API には、.NET API クラスアセンブリファイルおよびヘルプが含まれます。

クラスアセンブリファイル

.NET API クラスアセンブリファイルは、Programmer Interface フォルダにインストールされ、次回アプリケーションを起動した時に Visual Studio 2005 の [参照] ボックスに表示されます (インストールには、Intellisense との互換性を実現するために、アセンブリファイルごとに XML ファイルが含まれます)。

クラスアセンブリファイルには、次が含まれます。

  • Attachmate.Reflection.dll
  • Attachmate.Reflection.Emulation.IbmHosts.dll
  • Attachmate.Reflection.Framework.dll
  • Attachmate.ReflectionEmulation.OpenSystem.dll

ヘルプファイル

Reflection オブジェクトで使用するメソッド、クラス、およびプロパティについての説明および構文を記載したプログラマガイドおよびリファレンスドキュメントなどのマニュアルがあります。

ヘルプドキュメント

説明

ヘルプの表示方法...

.NET API ヘルプ

Reflection メソッド、クラス、およびプロパティのリファレンス。

ファイル (api_docs_dotnet.chm) をダブルクリックします。

または

Visual Studio 2005 のヘルプを開きます。

.NET API ガイド

設定情報、チュートリアル、およびサンプルコードを含むプログラマガイド。

Reflection で、[ヘルプ] - [.NET API ガイド] コマンドを選択します。

関連項目

アプリケーションプログラミングインタフェース (API) のインストール