[ワークスペース設定の構成] ダイアログボックス

表示方法

ワークスペース

[ワークスペースとドキュメント]

[ワークスペースを開始するとき]

Reflection を開始した時に、[新規作成] または [ファイルを開く] ダイアログボックスを表示するか、操作を実行するかを指定します。

注意: セッションドキュメントファイルをダブルクリックしてワークスペースが開かれると、この設定は適用されません。(ワークスペースは、ダイアログボックスを表示したり、操作を実行したりせずに開きます。)

 

 

オプション

方法

 

 

[[ドキュメントの新規作成] ダイアログボックスを表示する]

構成するセッションの種類を選択するための、[新規作成] ダイアログボックスが表示されます。

 

 

[[ファイルを開く] ダイアログボックスを表示する]

セッションドキュメントファイルを選択するための [ファイルを開く] ダイアログボックスが表示されます。

 

 

[何も表示しない]

ダイアログボックスを表示せずに、ワークスペースを開きます。

 

 

[起動操作を実行する]

prod_emulate_short> が開始した時に実行される操作 (マクロを起動するなど) を設定します。

 

[操作の選択]

操作を指定するために使用される [操作の選択] ダイアログボックスを開きます ([起動操作を実行する] が選択された場合にのみ使用可能)。

[ドキュメントを閉じるとき]

ドキュメントを閉じる際に設定が変更された場合の処理方法を指定します。

オプション

方法

[ドキュメントの設定を自動的に保存する]

改めてプロンプトを表示せずに、セッションドキュメントおよび関連ファイルの変更バージョンを保存します。変更されたファイルのいずれかが標準ファイルの場合、その標準ファイルのコピーがユーザのデータディレクトリに保存されます。

[ドキュメントの設定を保存するかどうか確認する]

セッションドキュメントおよび関連ファイルの変更バージョンを作成する時に、保存する場所を指定します。

[ドキュメントの設定を破棄する]

セッションドキュメントおよび関連ファイルに加えられた一切の変更を破棄します。

 

[最後のドキュメントを閉じたときにワークスペースを終了する]

ワークスペースの最後のドキュメント (セッションまたは Web ページ) が閉じられた後に、Reflection を自動的に終了します。

[新しいドキュメント用の標準テンプレートを表示しない]

オンにすると、[ドキュメントの新規作成] ダイアログボックスでユーザ定義テンプレートのみを選択できます。

[ワークスペースを閉じるときにクリップボードをクリアする]

オンにすると、ワークスペースを閉じる時に、クリップボードにコピーされていたデータはすべてクリアされます。

Logging

[イベントの記録を有効にする]

選択すると、Windows のログにエラー情報を送信します。

[ヘルプシステム]

[ヘルプを表示するとき]

Attachmate Web サイトに表示される製品ヘルプを使用するか、またはローカルコンピュータにインストールされたヘルプを使用するかを指定します。

指定されたヘルプシステムを使用できない場合、Reflection は使用可能なもう 1 つのヘルプを使用します。

[リモートセッション]

[Citrix と WTS セッションを最適化する]

Reflection を Citrix または WTS で実行中に、カーソル点滅をオフにし、スプラッシュ画面を無効にするにはオンにします。

注意: この設定は、Citrix または WTS で実行していない場合は無視されます。

Application Sounds (アプリケーションのサウンド)

Events

サウンドを関連付けるアプリケーションイベントを選択します。

[ファイル名]

関連付けられたアプリケーションイベントが起きた時に再生されるサウンドファイル

[参照]

クリックして、アプリケーションイベントと関連付けるサウンドファイルを見つけます。

[再生]

選択したアプリケーションイベントに関連付けられたサウンドファイルを再生します。

[ディレクトリ]

 

[既定のユーザデータディレクトリ]

セッションやその他のドキュメントを保存する既定のディレクトリのパスを入力するか、[参照] をクリックして選択します。[すべて開く] および [名前を付けて保存] などのダイアログボックス (画面履歴、スクラッチパッドファイルなども含む) のディレクトリの既定値になります。

注意: ファイルを後で再度開くには、信頼された場所に保存する必要があります。

 

既定の以前の EXTRA!マクロディレクトリ

以前の EXTRA! マクロを保存するための、既定のディレクトリを入力するか、参照します。

[ユーザインタフェース]

[表示形式]

注意: セッションを構成した後にこの設定を変更すると、そのセッションの外観が予測できないものになることがあります。

[ユーザインタフェースモード]

リボンが Reflection の既定の UI です。この UI は、スーパーツールチップ、リボンギャラリをはじめとする、最新版のオフィスアプリケーションによく似た機能を提供します。

リボンを使用すると、同じワークスペース内に複数のドキュメントを開いておくことがてきます。タブによって、どのドキュメントが開いているのかが分かり、ドキュメントを切り替えることができます。

クラシックは標準のメニューとツールバーを使ったインタフェースです。クラシック UI を使用している場合、ワークスペースで開けるドキュメントは 1 つのみで、その他の機能が使用できないことがあります。

注意: ヘルプ内の手順はすべてリボンの UI に合わせて記述されています。

[使用する色]

アプリケーションとリボンのバックグラウンドに使用する基本色を選択します。色は、ホスト画面には適用されません。周囲のフレームのみに適用されます。ホスト画面の色を変更するには、異なるテーマを選択します。

[ドキュメントの整列]

ワークスペース内のドキュメントは、既定ではタブに表示されます。上下に並べるか、重ねて表示できるウィンドウにドキュメントを表示するよう選択することもできます。

[タブの表示場所]

ドキュメントタブを上 (既定)、下、左、または右のどこに表示するかを指定します。

[それぞれのタブで [閉じる] ボタンを表示する]

ドキュメントタブから [閉じる] ボタンを削除するにはオフにします。オフにしても、各ドキュメントタブは、タブの末尾にある [閉じる] ボタンを使用して閉じることができます。

[最近使用したドキュメント]

[表示する最近使用したドキュメントの最大数]

[Reflection] ボタンがクリックされた時に [最近使用したドキュメント] 一覧に表示される、最近使用したドキュメントの最大数を指定します。

[最近使用したドキュメントの一覧を消去]

クリックすると一覧からドキュメントをすべて削除します。

Language

Reflection の UI で使用する言語を選択します。

関連項目

色設定の構成

UI 言語の変更

ユーザインタフェース

[テーマの管理] ダイアログボックス