[SQL] タブ ([転送の設定] ダイアログボックス)

表示方法

このタブを使用して、AS/400 ファイルからデータを抽出するための SQL クエリーを作成します。テキストボックスにテキストを直接入力できます。または、テキストボックスの右にあるボタンをクリックし、表示されたダイアログボックスを使用してクエリーを作成することもできます。

注意: クエリーを作成する前に [転送] ダイアログボックスで少なくとも 1 つのホストファイルを選択してください。クエリーの作成を支援するために、Reflection は指定されたファイルのフィールド情報を表示します。

SQL クエリーの作成の詳細については、SQL のマニュアルを参照してください。

 

[Select (抽出するフィールド)]

転送するフィールド (または列) を指定して、SELECT ステートメントの作成を開始します。

 

[Where (レコードの選択条件)]

このボックスで、SELECT ステートメントに WHERE 句を追加します。WHERE ステートメントでは、転送するレコードが適合しなければならない 1 つまたは複数の条件を指定します。

 

[Order By (レコードの並び替え)]

このボックスで、SELECT ステートメントに ORDER BY 句を追加して、クエリーの結果のレコードを並べ替えます。SELECT ステートメントに指定したフィールドを使用してのみ並べ替えを実行できます。

 

[Group By (ステートメント実行後の分類方法)]

このボックスで、SELECT ステートメントに GROUP BY 句を追加して、要求した計算 (関数) の実行結果データのグループ化方法を指定します。

この句は、SELECT ステートメントで関数と複数のフィールドを指定している場合に必要です。

 

[Having (Select ステートメントの条件)]

このボックスで、HAVING 句を追加して、SELECT ステートメントの関数に条件を適用します。

[Having (Select ステートメントの条件)] ボックスおよびダイアログボックスを有効にするには、まず GROUP BY 句を追加する必要があります。

 

[Join By (結合)]

このボックスで、SELECT ステートメントに JOIN 句を追加して、複数のファイルまたはメンバのデータの結合方法を指定します。

[Join By (結合)] ボックスおよびダイアログボックスを有効にするには、[転送] ダイアログボックスのホスト側にある複数のファイルまたはメンバを選択済みである必要があります。

 

[欠落フィールド値を持つレコードを返す]

複数のファイルからレコードを結合する場合、結合するレコードが見つからない場合があります。

関連項目

SQL クエリーの作成

AS/400 からのデータ受信

AS/400 転送