[全般] タブ ([その他の設定 - TELNET] ダイアログボックス)

表示方法

オプションは次のとおりです。

 

[TCP ポート]

ほとんどの Telnet ホストは、外部からの接続を TCP ポート 23 で受け付けます。ホストが別のポートを使用する場合は、その番号をここで入力します。

 

[パリティ]

この設定では、転送文字ごとにパリティビットを生成するかどうかを決定します。パリティはデータ転送のエラー検出に使用され、スラッシュの前の数字は送られる各文字のデータビット数を示します。

多国語文字セットまたは 8 ビット制御文字を使用する場合、[パリティ] は 8 ビット制御文字の 1 つに設定してください。通信回線がパリティを生成する場合に [パリティ][8/なし] に設定すると、画面に多国語文字が表示されます。この場合は、[パリティ][8/偶数] または [8/奇数] を設定してください。

Telnet を介してネットワークモデムに接続する場合は、このオプションを利用できません。

 

[端末の種類]

既定の端末を無効にするには、使用する値をここで選択するか、入力します。

一般に、端末の種類を変更する場合は、以下の特性を指定します。

  • 表示形式を指定するため、ホストから Reflection へ送られる画面制御シーケンス
  • カーソルの位置
  • ホストアプリケーションに表示する文字

    ホストアプリケーションを正常に実行できない場合、Reflection とホスト間のやり取りが不適切である可能性があります。ホストが認識できない端末の種類を入力すると、認識可能な端末が指定されるまで、自動的に既定値が設定されます。

    Telnet を介してネットワークモデムに接続する場合は、このオプションを利用できません。

 

[待ち時間]

Reflection が継続して接続を試みる時間 (接続待ち時間) をミリ秒単位で指定します。最大値は 65535 です。この待ち時間はホスト名が処理されてから始まります。つまり、遅延が生じ、通常は指定した値より数秒長くかかります。

ゼロ (既定値) に設定した場合、待ち時間に対する Reflection の動作は、Windows オペレーティングシステムによって決定されます。

 

[端末 ID を使用する]

Reflection に [端末の種類] の設定値を強制的に無視させ、代わりに [端末の設定] ダイアログボックスの [エミュレーション] タブの [端末 ID] の値を使用させるには、このオプションをオンにします。

 

[スレッド I/O を使用する]

オンにすると、I/O (入出力) 処理専用のスレッドへ通信要求が送られるので、処理速度を向上できます。

関連項目

[接続設定の構成] ダイアログボックス (VT)

[詳細設定] タブ ([その他の設定 - TELNET] ダイアログボックス)

[オプション] タブ ([その他の設定 - Telnet] ダイアログボックス)